ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

ブラックリスト シーズン6 第22話『ロバート・ディアス』(シーズン最終話)

ブラックリスト シーズン6のあらすじ
レッドだと思っていた人物は偽物のレイモンド・レディントンだった…
では一体何者なのか…?
なぜ偽レッドはレッドを騙ったのか、そしてなぜリズのことをあれだけ気に掛けるのか…
リズは異母姉妹のジェニファーと共に偽レッドの正体を突き止めることにするが…

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。
こちらは簡易版にてお届けします
火・水に記事が重なってしまったのでシーズン6からは簡易版でいきます

第22話『ロバート・ディアス』(シーズン最終話)

●チームとレッドはクーデターを起こしたと濡れ衣を着せられクーパー、アラム、レスラーはマクマーンたちに拘束される
●リズが建物内にいることはマクマーンにバレていた。さらに文書のメモリはアラムのPCから押収されていた
●レッドと連絡をとっているリズ。とにかくまず脱出しろと言うレッドにリズはチームを助けると言ってきかなかった
●リズとレッドは仲間の協力を得て作戦を開始する
●リズはタダシに指示をもらいながら、まずは3人がそれぞれ拘束されている部屋のロックを解除する
●ロック解除に気付いた3人はそっと部屋から抜け出し誘導されるように次々ロック解除される扉をすり抜け合流
●うまくいく…と思ったが3人は捜査官たちに見つかり再び捕まってしまった。3名確保の情報はマクマーンにも伝えられた
●捕まった3人は以前レッドも入れられた”箱”に収容される。だがこれこそが狙いだった
●リズは3人が箱に入ったことをレッドに報告。レッドは仲間を引き連れ郵便局へと向かった
●タダシが映像をループさせ、まんまと建物に入り込んだレッドたちが巧みに敵を欺きながらクーパーたちを箱から出した
●そして全員無事に脱出する
●チームは続いて今夜の大統領の討論会にどう入り込むかの相談を始める
●討論会の外で起こるデモに紛れ暴動を起こし、会場に入り込む計画を立てる。クーパーは頼れる警察関係者に頼みリズとレスラーを警官に紛れ込ませることに。アラムは大学生に成りすましバックアップする
●抗議活動に紛れていたヴォンテたちが火炎瓶を使い暴動を起こす
●警官役のリズとレスラーはそれに乗じて建物内に入り込んだ
●ステージ上でスピーチをしている大統領。サンドキストは射撃位置についていた…
●アラムの案内を聞きながらリズとレスラーがサンドキストの所へと踏み込む
●彼の放った弾丸は大統領ではなく隣にいたファースト・レディに命中してしまう
●サンドキストともみ合う2人。そこにシークレットサービスたちがやってきてまた誤解され捕まってしまう
●アラムも見つかり捕まってしまった
●車で連行されるリズ達。レッドは助けに向かい何とか彼らを救出
●サンドキストたちは片付けたが、レッドはマクマーンに銃を突きつけられてしまった
●マクマーンはレッドの頭を撃ち抜こうとするがその時何者かがマクマーンを射殺。やって来たのはデンベだった…
●再合流し、これまでのことを考えるレスラーたち。サンドキストの射撃は凄腕で驚いたとしても外すわけがないと考えた結果ターゲットは大統領ではなく別の誰かではと思われた
●クーパーとレッドはパナベイカーに協力してもらい病院にいる大統領夫人の所へ行く
●レッドは大統領夫人に「今回の暗殺計画は大統領を殺すためではなく大統領があなたを殺すために仕組んだ。あなたはどんな秘密を抱えているのです?」と言った
●あり得ない…と動揺する大統領夫人
●大統領夫妻は予備選挙の4か月前別荘へ行き、酔っぱらったはずみでシカと間違え人を撃っていた。大統領はそれをフィクサーを使ってもみ消したとのこと。ロシアンマフィアから得た金は選挙のためではなくこのための金だったと判明
●しかし夫人は耐え切れず「事実を公表しよう」と言ったが大統領は拒否した
●夫人はフィクサーとのやり取りをまとめ、いわゆる”証拠”を持っていた。自分が狙われたのだと知った夫人は恐ろしいことだと嘆いた
●クーパーとパナベイカーはこの件を大統領に話しに行った
●レッドは旧友に頼みある人物を捜してもらった。その人物はパリにいると分かり会いに行く。その人物。それはカタリーナだった
●再会するとカタリーナはレッドにキスをした。そしてレッド何やら注射を刺した
●レッドはやって来た車に乗せられどこかへ運ばれていった…


スポンサーリンク

ボブ江の感想

う~ん何ともスッキリしたようなしないようなラストでしたね。
結局大統領は酔っぱらって猟銃を持ち出しシカと間違えて人を殺し、それをフィクサーに片付けさせたのだけれど夫人は良心の呵責に耐え切れず公表しようと言ったものの大統領は現在の地位にしがみついてるから自分の暗殺計画と見せかけて夫人を殺そうとしたってことですね?でもそれがバレたから大統領は辞任することになったって感じでしょうか?
マクマーンとサンドキストはそれに加担させられていたと。ほぅ(´゚д゚`)。まぁでもムカツクマクマーンおばちゃんが消えてくれて良かったし、そこで登場のデンベ(´;ω;`)デンベが戻って来てくれて良かったです~!
昔と同じように…とはいかないと思うけど、また2人でかわいらしく生きて行ってもらいたいと思った矢先。
カタリーナさんはやっぱり生きていてさらに一筋縄ではいかない人物ぽいですね。
ロシアが動いているからレッドは危険を報せたかったのだろうけど、一体どこに連れていかれたのか…?
カタリーナさんは今現在どのような生き方をしているのか?
アグネスをようやく引き取ったリズと親子の再会はあるのか?
などなど気になりますね。シーズン7はカタリーナさん主体で展開していくのかしら?レッドの過去が判明したシーズン6でしたがこれから増々掘り下げて行ってくれそうですね。楽しみです。

今日の一枚
blacklist6-22-1

blacklist6-22-2

BLACKLIST season6 ep22 season final

海外ドラマ観るならHuluで「今なら2週間無料でお試し」

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

- 海外ドラマ映画ランキング

- ブラックリスト シーズン6

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. 沙羅樹 より:

    ボブ江さん、コメント欄の返信も増えてきて体調は戻りつつあるようですね。少し前、更新が途絶えて入院でもしてしまったかと思っていました。このまま、上り調子にいくと良いですね。

    皆さんと同感で大統領の陰謀、ショボいですよね(『大統領の陰謀』というとウォーターゲイト事件を思い出します)。クーデターで、ドイツまで巻き込んで、どんだけ~と思っていたのですが竜頭蛇尾ですよね。奥さんを殺すだけなら事故に見せかけて殺すとか色々ありそうなものですけどね。大統領がゲス野郎だっただけですね。まあ、大統領は監獄いきでしょうし大統領夫妻は離婚でしょうか。故意の殺人ではなく事故なので、故殺(manslaughter)でしょうから死刑ではないですね。ただ、隠蔽を図ったということは心証が悪いですよね。まあ、ドラマの本筋ではないので、二度とお目にかかることはないでしょうけれど。

    マクマーンとサンドクィストが片付いて、私も嬉しいです。スッキリしました。特にサンドクィストは会社にいる変な奴と雰囲気が似ていて視界に入れるのが嫌だったんですよね。

    それに、これも皆さんと同様に、レッドの旧友との会話で、レッドの正体がバレるのは織り込み済みだったという会話がありましたよね。その事実が想定内だったとして、さらに明らかになってはまずい事実があるということですよね。カタリーナが生きているというのも偽レッドにとっては当然のことなわけだし。こちらの疑惑の闇の方がどれだけ深いのかという感じです。
    カタリーナと偽レッドがロシア絡みで何かに関わっているというのでしょうか?そして、ポツリポツリと後から現れる感じの偽レッドの過去を知る人はまだ、存在するのか?次から次へと疑惑のデパートですよね。

    カタリーナ、「レイモンド」って呼んでいましたよね。真レイモンドが好きだからレイモンド?それともイリアとの約束?

    • ボブ江 ボブ江 より:

      沙羅樹さん
      コメントありがとうございます!

      体調が良くなってきたと思って調子こくとまた崩すというまるで子供のように生活している大人のボブ江です…。
      やっぱり無理せずじっくり挑まねばなりませんね…。
      なるべく大人しく海外ドラマを観ていたいと思いますw

      大統領は本当にショボかった…。すべて保身。保身のため妻をも殺そうとする。そんな野郎が大統領とはと鼻で笑ってしまいますね。
      さてさて、ついにシーズン6も終わってしまいました。
      随分あっさりレッドの正体が判明しましたが、カタリーナも登場でシーズン7は色々と面倒な展開になりそうですね。
      私も「レイモンド」って呼んだのに違和感を感じたのですよね。何か裏があるのかなぁ…。おいおい分かるのでしょうかね。

  2. なにわ より:

    ボブ江さん、更新お疲れ様です!

    大統領の陰謀が単なるもみ消しって…ショボすぎるぞ大統領(笑)

    アナ・マクマーンが、大統領の側近と見せつつ実はロシアからのスパイで大統領の命を狙っていたのかと思ったのにそうじゃないわデンベにあっさり殺されるわでやや強引な着地だと…ってデンベー‼︎(笑)

    やっぱりデンベはブラックリストには欠かせない。でも帰ってくるの早すぎ

    気になったのは、レディントンの旧友。デンベやキャプラン、ドムと同様にレディントンの秘密を知る人物がまた現れましたが、彼との会話のなかで、今回知られたレディントンの秘密はほんのちょっとだけなのでは?と思ってしまいました。
    次シーズンでは、もっと複雑なぐちゃぐちゃな感じにしていってくれると個人的には期待したいです。

    カタリーナはやっぱり生きていましたが、殺さずにレディントンの身柄を確保したということは、何か聞き出さなければならないことがあるんでしょうね。秘密をどこまで知られたのかなど…

    また悶々とした数ヶ月を過ごすのか…

    • ボブ江 ボブ江 より:

      なにわさん
      コメントありがとうございます!

      なにわさんもシーズン6完走お疲れさまでした~。
      いや~大統領しょぼかったですね!(笑)保身のために妻をも殺すっていう…。
      その事実を知ってからもう一度色々観返してみたのですが大統領の言葉とか、夫人を見るマクマーンの表情、狙撃の際になぜサンドキストがためらったのかなど違った感情で見れて何だかマクマーンやサンドキストに一瞬同情してしまいました…w

      デンベ復帰(はやっ!)で嬉しいですね。でも前のような関係には戻れないのかなぁ…と思うと寂しです。

      今シーズンはほんとあっさりレッドの正体判明でしたよね。もうちょっとコネてくるのかと思いました。
      割と今回はサラッとしたシーズンでしたよね。
      でもシーズン7はちょっと泥臭くというかコネくりまわしてきそうですよね?
      なんてったて伝説の女カタリーナ登場ですもんねw
      一体どのような展開になるのか楽しみです。また数ヵ月先になりますが楽しみに待ちましょうね♪

      • 匿名 より:

        ボブ江さーーーーん!

        やっとこさブラックリスト新シーズンが始まりますね!
        どれだけ待ちわびたことか 笑

        毎週録画設定もOK!いつでも来んかい!状態です。
        また毎回の更新楽しみにしております。
        世界は騒がしい状況ですが、互いに体調管理を徹底しましょう!

        • ボブ江 ボブ江 より:

          匿名さん
          コメントありがとうございます!

          始まりますね!シーズン7!
          いよいよかーちゃんが本格的登場となりそうで増々話が深くなっていきそう。
          私も予約セット完了!

          ただ…ブラックリストと言えば火曜だけど、今ホームランドも火曜だから大変…(笑)
          体調管理しつつ海外ドラマ楽しんでまいりましょうね♪

          • なにわ より:

            あ、すみません。
            上の匿名は私でした!笑

          • ボブ江 ボブ江 より:

            なにわさん
            コメントありがとうございます!

            あっ!なにわさん!ありがとうございます!
            ブラックリスト楽しみましょうね♪

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

blacklist6-2-2
ブラックリスト シーズン6 第2話『コルシカ人』

ブラックリスト シーズン6のあらすじ レッドだと思っていた人物は偽物のレイモンド …

blacklist6-11-2
ブラックリスト シーズン6 第11話『バスチャン・モロー(前編)』

ブラックリスト シーズン6のあらすじ レッドだと思っていた人物は偽物のレイモンド …

blacklist6-15-2
ブラックリスト シーズン6 第15話『オリヴィア・オルソン』

ブラックリスト シーズン6のあらすじ レッドだと思っていた人物は偽物のレイモンド …

blacklist6-10-2
ブラックリスト シーズン6 第10話『クリプトバンカー』

ブラックリスト シーズン6のあらすじ レッドだと思っていた人物は偽物のレイモンド …

blacklist6-17-2
ブラックリスト シーズン6 第17話『第三身分』

ブラックリスト シーズン6のあらすじ レッドだと思っていた人物は偽物のレイモンド …

こんな記事も読まれています