ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

シカゴP.D. シーズン6 第9話『ジャンキー』

シカゴP.D. シーズン6のあらすじ
自身を追い詰める存在はうまく排除することができたボイト。
だが大切な仲間を失った心の傷は癒されることはない。
ボイトのやり方に疑問を抱くアントニオは一体どのようにボイトに接していくのか?
シカゴの街を守る特捜班たちの活躍を描く刑事ドラマのシーズン6!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。
こちらは簡易版にてお届けします

第9話『ジャンキー』

●骨に異常はなく関節炎等も見られないアントニオだがまだ痛むから鎮痛剤をくれと医者に訴える。だがこの程度の状態ではもうこれ以上は鎮痛剤を出せないと言われてしまった
●すでに依存症となっているアントニオ。鎮痛剤がもらえずイラついていた
●アダムから何度も着信が入るが出ないアントニオ。その頃特捜班は合成鎮痛剤の取引場所に手入れしようとしていた
●売人に加え数人の客もいて逃げる者たちに手が回らずてんやわんやとなってしまう
●バージェスは逃げた一人を路地まで追い込んだ。銃を構え振り向かせる。しかし振り向いた男はアントニオだった…
●アントニオは潜入していたと嘘をついた
●アントニオの様子にバージェスたちは何かおかしいと感じていた
●合成鎮痛剤の売人パトリック・カーターだが最近は他の麻薬にも手を広げていた。先月だけでも11人もの死者が出ていた
●アントニオは「俺が話して仲介人を聞き出す。」と言うがすでにカーターは弁護人を呼んでしまったとのこと
●携帯やネット履歴などから仲介人を探れとボイトはみんなに指示を出した
●ボイトはアントニオと話をする。何とか辻褄を合わせてごまかすアントニオだがボイトも異変を感じ取っていた
●アントニオは留置場にいるカーターの所へ行く。カーターは「薬を渡せば俺は安全なはずだろ?」と怒った。アントニオは手入れを知らなかったんだと言う
●カーターは「とにかく何とかしろ。でないと道連れにするぞ。」と言う。アントニオは仲介人を言わなければ出られないぞと言った
●カーターは「分かった。だが全面的な免責を要求する。」と言う。アントニオは「掛け合ってみる。俺のことをしゃべったら殺すぞ。」と言った
●アントニオはボイトに「カーターは仲介人を言う代わりに免責を求めている」と掛け合う。だがボイトは「仲介人が麻薬王でもない限りはその条件は飲めない」と言った
●顔色も悪く様子のおかしいアントニオを見たボイトは「カーターを移動しろ。アントニオを近づけるな。」と電話していた
●路上で売人と接触するアントニオ。鎮痛剤はないヘロインかコカインだと言われヘロインを買ってしまう…
●車に戻るアントニオをボイトが捕まえクスリを出させた
●情報屋と会って…とウソをつき涙を流すアントニオ。ボイトは「大丈夫だ。何とかなる。大丈夫だ。」と言う
●アントニオは大丈夫じゃない…と泣きながらカーターとのことを話す
●ボイトはその件もどうにかしよう、クスリを抜くんだと言った
●ボイトと家に戻りクスリを抜くための場所へ行こうとしていた時娘のエバから着信が。出ると知らない相手だった。エバは何者かに誘拐されてしまった
●家に特捜班が集合する。アントニオは皆に自分のせいだ、俺は潜入捜査していたんじゃない。鎮痛剤を買っていたんだと告白し謝った
●檻に入れられたカーターの所にボイトとアダムが向かいエバについて聞き出そうとするがカーターは何も知らないと言った
●防犯カメラの映像を見てもアントニオ以外カーターは誰とも話していなかった
●目撃者が現れ話を聞きに行く。悲鳴が聞こえたことや男が女を連れて路地に向かったと聞き付近の防犯カメラを確認する
●カメラ映像にはエバがトランクに押し込められ連れ去られる様子が映っていた。車のナンバーがわかったので登録者のジェイソン・リゾを追うことに
●アントニオが確認するとリゾはカーターの仲間だと分かる。レイプでの服役もあり危機感を覚えるアントニオたち
●すぐにリゾの家へと踏み込むがリゾはいない。違う男がいたが男はリゾが出て行ってくれないと言って怯えている男だった。鍵を替えると言ったらキレて1時間ほど前に出て行ったと話した
●家の中をひっかきまわして痕跡を探すアントニオ。そこで薬の容器を見つけ手に取ってしまう…そこへジェイが来たためアントニオは手を止めた
●ガレージにエバのリュックがあった。その時犯人からアントニオに電話が入る。カーターを釈放しないと娘の頭をブチ抜くぞと言うリゾ
●エバの助けを求める声を聞き胸が張り裂けそうになるアントニオ。リゾは4時間以内に釈放しないと娘を殺すと言って電話を切った
●ボイトたちは檻にいるカーターの所へ行き締め上げる。リゾはカーターのいとことのこと。クスリを届けさせたことがあるからアントニオとのことも知っているらしい。そしてカーターは「リゾが俺を釈放させたいのは単にブツが欲しいからだ。言う事を聞かないとアイツは娘を殺すぞ。」と言った
●ボイトはカーター事件の担当州検事補に掛け合い詳細は話せないがカーターを釈放させてほしいと頼んだ
●ボイトは副本部長にもカーターを釈放してほしいと頼みに行くが1時間前に逮捕を発表したから無理だと言われてしまった
●ボイトは革手袋を着ける。そして檻の前に立った
●カーターは何も知らないと言うが脅して締め上げ何とかリゾの居場所に繋がる情報を聞き出そうとする
●廃車置き場のゲリーという男とよくツルんでると聞きすぐに向かう。反抗的なゲリーだが特捜班はそんなゲリーを押さえつける。ゲリーはリゾに新しい車を渡していた
●その車を探しリゾの居場所を割り出す
●ジャンキーが集まるアパートの一室。そこでケガを負っているエバを見つけた
●エバはすぐに病院に搬送された
●リゾの姿はアパートになかったため付近を捜索
●聞き込みによりジャンキーが集まる古い工場があると分かり向かうとそこにリゾはいた
●逃げるリゾを追い詰め捕まえる。アントニオはボイトに5分だけくれと言った
●アントニオはリゾに馬乗りになってボコボコにする。ボイトたちがもういいだろと止めに入った
●リゾは「エバは何才だ?18歳か?気持ちよかった」と言いこれに激高したアントニオはリゾに思いきり体当たりをした
吹っ飛ばされたリゾは木で塞いであっただけの壁を突き破って落下。死亡してしまった
●ボイトはアントニオを掴んで「シラフか?」と言う。アントニオはあの時手にした薬を飲んでいたのだった…


スポンサーリンク

ボブ江の感想

アントニオ兄さん…。もう立派なジャンキーじゃないですか…。
あの時手にした薬。飲んでしまったのですね。ジェイが来た時点で地面に放ってくれたらよかったのに(´;ω;`)
リゾが言った下劣な言葉は父親として許せるわけないし体当たりしたのは全然オッケー。リゾは死んでも構わないくらいのゲス野郎だからそれもオッケーだけど兄さんの状態がシラフでないのはかなりマズイですよね。
たぶんボイト組長がうまいこと片付けてくれるのかなとは思うけど兄さんは施設に入ってちゃんと断薬した方がいい。
家族のためにもそうしてほしい。
あの真面目な兄さんがこんなことになってしまうなんて…。クスリの怖さが分かりますよね。人が変わってしまう。
はぁ…。ちゃんとどうにかなるのかしら?

今日の一枚
chicagopd6-9-1

chicagopd6-9-2

Chicago P.D. season6 ep9

海外ドラマ観るならHuluで「今なら2週間無料でお試し」

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

- 海外ドラマ映画ランキング

- シカゴP.D. シーズン6

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

chicagopd6-12-2
シカゴP.D. シーズン6 第12話『因縁の相手』

シカゴP.D. シーズン6のあらすじ 自身を追い詰める存在はうまく排除することが …

chicagopd6-10-2
シカゴP.D. シーズン6 第10話『同類』

シカゴP.D. シーズン6のあらすじ 自身を追い詰める存在はうまく排除することが …

chicagopd6-3-2
シカゴP.D. シーズン6 第3話『悪い男』

シカゴP.D. シーズン6のあらすじ 自身を追い詰める存在はうまく排除することが …

chicagopd6-7-2
シカゴP.D. シーズン6 第7話『恐怖のトリガー』

シカゴP.D. シーズン6のあらすじ 自身を追い詰める存在はうまく排除することが …

chicagopd6-1-2
シカゴP.D. シーズン6 第1話『新たな掟』

シカゴP.D. シーズン6のあらすじ 自身を追い詰める存在はうまく排除することが …

こんな記事も読まれています