ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

ブラックリスト シーズン8 第21話『ナチャーロ』

第21話『ナチャーロ』

●レッドに連れられラトビアにある”謎の建物”へとやって来たリズ。扉が開くと中には大勢の人たちが忙しそうに動き回っていた
●ここは世界17カ所の出張所から寄せられる”情報”を元に分析などを行う場所であった
●レッドはクーパーとリズは誤解していると話す。自分はロシアのスパイでもなく、ステパノフは担当ではなく友人でありむしろ自分の方が彼を利用していたと言う
●そしていずれこのシステムを君が引き継ぐのだと言うレッド。リズは「興味ない。」と言うがレッドは「データを選別する仕組みを理解せねば。」と言った
●それでも興味があるのは母のことだけだと言うリズ。その時リズは周りにいるアナリストたちや機械がゆっくりと動きやがて止まるという不思議な状況を目にした
●レッドは「知っていることをすべて忘れろ。今目の前にあるのは君と私と真実だけ。すべては繋がっている。N13、フルクラム、君、私、君の母親。私がなぜ君の前に現れたか話を聞けばわかる。私が本当は誰であなたは誰なのか。」と言う
●すると次第に声色が変わり、リズの目に映るのは若き日のカタリーナだった。カタリーナは「あなたはウソの一部として生まれた。でも驚かないはず。私はスパイの世界に生まれた。スパイになる宿命よ。私が育ったシステムは転覆を監視し、異分子を消す。父はその設計者でもあった。早くから私を跡継ぎとして育てた。私は知らないうちに第5局の任務を手伝っていた。父が選んだ担当者は誰よりも私を理解した人だった。やがて人生で最も大事な男性の一人になった。」と話す。その男性とはステパノフのことだった
●任務も友人も男女関係の相手もすべて父親に”与えられて”いたと話すカタリーナ。コンスタンティン・ロストフとの愛のない結婚も父親が得になるため仕組まれたものだった
●さらにはカタリーナの”浮気相手”まで父親が選んだのだった。それがリズの父親”レイモンド・レディントン”だった
●リズの前には若き日の”レイモンド・レディントン”も現れる。仕組まれた出会い、妊娠というハプニング。それでも偽りの人生を生きてきたカタリーナにとって生まれた赤ん坊は初めての”真実”。カタリーナは絶対にリズを守り大切にすると誓った
●互いに家庭がありながらも逢瀬を重ね続けたカタリーナとレディントン。しかし”偽りの人生”にはほころびが出始める
●レディントンの持つ”情報”を探るカタリーナ。一方でレディントンもカタリーナがスパイであることに気付いた
●レディントンはカタリーナと”結社”の繋がりを知る。自分の情報を盗ませつつもカタリーナ側の情報を盗むという互いに化かし合いのような状態が続いていた
●やがて地球規模の陰謀が存在する証拠を手に入れたレディントン。リズを守るため彼女をアメリカに呼ぼうと考えた
●そしてあの晩。リズと過ごしていたレディントンのもとへリズとフルクラムを狙いカタリーナと仲間たちがやってきた
●言い争い、もみ合うレディントンとカタリーナ。止めに入るイリヤ・コズロフ。そして怯えるリズ。クリスマスの飾りが倒れロウソクの火が絨毯にうつって燃え始める
●落ちていた銃を手にしたリズは発砲。レディントンに当たってしまう
●カタリーナは助けようとレディントンを車に乗せる。リズも車に乗っていたがぬいぐるみを取りに家へ戻ってしまった
●火の回りは早くカタリーナの仲間たちもフルクラムを見つけ出せない状況。助けに入ったカタリーナもリズと同様にやけどを負った
●リズを守るため記憶を消したのはカタリーナである。そして同じくリズを守るため手放すことにしたと話す
●リズは捨てられたという事実を悲しみ、カタリーナを責めた
●カタリーナは結社とKGBの二重スパイ生活を送っていたが歯車が狂い始め、どちらからも狙われる存在となってしまった
●一度は死のうと思ったがリズを守ると誓いを立てていたことで、遠く離れていても必ず守ると再び強く思い直し計画を立てた
●その計画を手伝ったのが信用できるイリヤ・コズロフであった
●2人で逃亡するためにレディントンを売国奴に見せかけ、カタリーナの腕の中で死亡したレディントンのすべての口座からイリヤがレディントンに成りすまし全額引き出した
●トムの話と違うと言って信じないリズ。そこへ”現在”のカタリーナが現れ自分は母親ではないと言う。「私は工作員よ。任務かと思ったらあなたの祖父からの死刑宣告に変わった。」と言う
●彼女の本当の名はタチアナ・ペトロヴァ。イリヤとは何度も任務をこなした仲間でもある。しかしカタリーナの死を偽装(または本当に殺害するため)にも必要な人物であった
●しかしあの車の爆発があった時、死亡した男性がいたがそれはタチアナの夫であったとのこと
●本物のカタリーナは依然姿を消したままなのだと知り驚くリズ
●レッドは本名までもが”偽名”となってしまったタチアナを長年金銭的にも支援してきた。そんなレッドに感謝をしているが同時に彼が本物のカタリーナを隠していると知ったタチアナはレッドに近づいた
●タチアナがレッドを捕まえ拷問したのは、彼がスパイだと証明するためではなく自分が”偽のカタリーナ”だという証拠を裏社会に知らしめ、人生を取り戻すのが目的だった
●しかしリズの存在がタチアナを刺激。やり直したいと強く思わせた
●本物のカタリーナの居場所を知るためにはレッドに近づく必要があり、それにはレッドに近いリズに近づく必要もあった。タチアナはリズに「あなたを利用した。」と話した
●なぜ私を捜さないの?と若き日のカタリーナに問いかけるリズ。カタリーナは「あなたと離れる必要性を感じた私はそばにいられる人物を作った。レイモンド・レディントン。」と言った
●整形で姿かたちを変えることが分かっているレディントンに完璧な替え玉は必要ない。必要なのはレディントンが持っていそうな”情報”であった
●カタリーナやイリヤ、そしてステパノフは共謀し裏社会はじめKGB・FBI・CIAなどに”レイモンド・レディントン”の存在を知らしめていく
●すべてはリズ、そしてリズの娘を守るためだとカタリーナたちは言った
●「理由は分かった。では誰かを教えて。レッドは誰?誰が彼になりあなたはどこへ消えた?」と責めるリズ。しかしその時レッドの「もう行かないと。タウンゼントが…!」と言う声が聞こえる
●カタリーナの幻影から答えを聞こうと必死のリズだったが自分を貫く銃弾によって現実へと戻された。建物はタウンゼント一味の襲撃により修羅場と化している
●追い詰められたレッドたち。手下は殺されレッドもデンベもリズも銃を向けられている
●レッドはこの施設は何だと言うタウンゼントに「彼女(リズ)を生かせばこの施設は全てやる」と言うがタウンゼントは全く耳を貸さない
●「彼女の死を見ろ。」と言うタウンゼント。一瞬の隙をついてリズは落ちていた銃を拾いタウンゼントたちへ攻撃を仕掛ける。デンベもそのどさくさにまぎれ反撃に
●何とかハッチからシェルターへ逃げ込んだ3人
●レッドはマイクを使い上階にいるタウンゼントに語りかける。タウンゼントの手下はハッチを開けようと必死になっていた
●レッドは自分が今まで得てきたものの話をしながら、毒ガスの話もする。タウンゼントのいる場所には煙が充満し始める
●引火しやすい毒ガス。レッドは発火装置のボタンを押した…


スポンサーリンク

ボブ江の感想

うわぁ…!すごいエピソードでしたね!色々ディープ過ぎる!でもレッドの正体は依然分からぬまま(笑)肝心な所は隠したまま次回はシーズンファイナルですか…。
とりあえず今までいろいろ情報が錯そうしつつ、こちらもミスリードさせられまくってましたがリズにまつわるストーリーは真実と共に並べられた感じでしょうか。
●ドムドムじいちゃんによって幼い頃からスパイとして育てられてきたカタリーナ
●ロストフとはいわゆる政略結婚。レイモンド・レディントンとはW不倫の関係であったが彼との間に子供(リズ)ができてしまう
●カタリーナとレッドの間には一応の愛情はあるが、互いに情報を盗み合う関係でもあった。それによりレディントンが”結社”の存在を示すフルクラムを手に入れてしまう
●例の火事が起こった晩、落ちていた銃で父親であるレディントンを撃ったリズ。その銃弾によりレディントンはカタリーナの腕の中で死亡
●カタリーナはKGBと結社の二重スパイであったが、両方から狙われる存在となったためイリヤの協力を得てレディントンの口座から金を引き出して逃亡の計画を立てる
●カタリーナの”代役”をつとめたのはイリヤの同僚でもあったタチアナ・ペトロヴァ。しかしこのことでタチアナは”逃亡者”となり裏社会はもちろん各国の関係機関からも追われ、命を狙われる存在となってしまった
●長年支援を行って来たのはレッドだったが、タチアナはレッドが本物のカタリーナの居場所を知っていることがわかりレッドを拷問。自分の人生をやり直すために本物のカタリーナを見つけようとしていた。そのためリズを利用した
●カタリーナはリズを守るため”そばで見守る人物”を作りだすことに。それは伝説の男”レイモンド・レディントン”だった。彼が死亡したことを世間は知らない。それを利用してカタリーナ・イリヤ・ステパノフは”ある人物”をレイモンド・レディントンに仕立て上げた
●その男は長年レッドとして生き続け、リズを守り続けてきて現在に至る…
という感じでしょうか?だいたいは過去のエピソードに繋がるのでやはりそれが真実か…という感じもありますがビックリ仰天なのはカタリーナがカタリーナでなかったことですね。タチアナさんという女性はカタリーナの代役を引き受けた瞬間から人生は厳しいものになってしまいました。長年そのような生活を送っていたら”私はカタリーナじゃないっ!!”と大声で抵抗したくなりますわよね~。
狂犬タウンゼントはあっけない幕切れを迎えたのでそこの脅威はなくなったからいいとして、カタリーナはどこにいるのか(やけどがあるとのことなので今後それが目印になるのか?)とかレッドは一体誰なのか?とかまだまだ知りたいことがたくさんってか増々レッドがあれほどリズを守ろうとするのがよくわからんです…。実は死んでなくて本物のレッドじゃないの?なんてまだ思ってしまいますぅぅ。
あ、リズは撃たれたけど心配してないです(笑)
次回、シーズンファイナル。一体どうなるの…(;’∀’)

今日の一枚
blacklist8-21-1

blacklist8-21-2

THE BLACKLIST Season8 ep21

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

- 海外ドラマ映画ランキング

- ブラックリスト シーズン8

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

blacklist8-3-2
ブラックリスト シーズン8 第3話『16オンス』

第3話『16オンス』 ●急いで自宅に戻ったリズはそこでカタリーナからの”伝言”を …

blacklist8-20-2
ブラックリスト シーズン8 第20話『ゴドウィン・ペイジ』

第20話『ゴドウィン・ペイジ』 ●タウンゼント一味に建物を取り囲まれピンチのレッ …

blacklist8-5-2
ブラックリスト シーズン8 第5話『フライボーグ・コンフィデンス』

第5話『フライボーグ・コンフィデンス』 ●レッドの”荷物”を秘密裏に貸金庫に預か …

blacklist8-8-2
ブラックリスト シーズン8 第8話『オグデン・グリーリー』

第8話『オグデン・グリーリー』 ●レッドの”中東の友人”から送られてきた情報を見 …

blacklist8-4-2
ブラックリスト シーズン8 第4話『エリザベス・キーン』

第4話『エリザベス・キーン』 ●レスラーと一晩を共にした後、リズはエシーと共にレ …

こんな記事も読まれています