ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

Westworld/ウエストワールド シーズン2 第10話『The Passenger 』(シーズン最終話)

   

 (0)

Westworld/ウエストワールド シーズン2のあらすじ
覚醒したアンドロイドたち。人間を襲い世界を手に入れようとするアンドロイドたちはどのような行動を起こしていくのか…?
そしてウエストワールドの今後の行方は?
江戸時代をテーマとした”将軍ワールド”も登場する待望のシーズン2!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。
こちらは簡易版にてお届けします

第10話『The Passenger 』(シーズン最終話)

●自らのこめかみを撃ち命を絶ったテディに寄り添っていたドロレス。立ち上がると一人馬を走らせる。その先で自分の腕をほじくりまくる黒服の男と出会った
●ドロレスは落ちている銃を拾いテディのコアの破片?を銃に仕込んで黒服の男に向けた
●しかし谷に行くにはモンスターが必要だと言って黒服の男に一緒に来るよう言った。そして撃鉄を戻すとドロレスは銃を黒服の男に返した
●メイヴはローランドに始末されそうになるが、周りに倒れているホストたちに遠隔で命じそれを阻止。ホストたちはローランドを殺した
●ヘクターたちもメイヴを助け出そうと施設へとやって来る。施設ではアンドロイドの牛(?)たちが傭兵をなぎ倒していた
●それを操っていたのはメイヴ。劇的な登場にヘクターたちは驚いていた
●バーナード、ドロレスと黒服の男、先住民たち、そしてメイヴの代わりにされたクレメンタインとヘイリーたちは皆”彼方の谷”へと向かっていた
●バーナードは鍛冶場の入り口へとやって来るがそこに傭兵が現れ止められる。しかしドロレスたちも到着し傭兵たちを倒していった
●「あなたもやって来るわよね。」とバーナードに言うドロレス。黒服の男は「何者だ?」と聞いた。ドロレスは「長年捜してたでしょ。なのに誰だか分からないとはね。」と言った
●黒服の男は少し考え「なるほど。アーノルドか。」と言う
●ドロレスは「創ったのは私よ。アーノルドが私の仕草や思考を洗練させる間、私は彼のことを学んだ。だからフォードに彼の再現を任され見事に創り上げた。正確な再現物をね。」と話す。そしてバーナードに「まさに運命ね。最後にここで会うとは。」と言った
●黒服の男は「そうだな。ここで終わりだ。」と言ってドロレスに銃弾を撃ち込むがドロレスは怯まない。何度も撃って来る黒服の男にドロレスは「分かってないのね。私たちは生き残るために創られた。心を入れる器として。でも人間は死を必要としてる。」と言って詰め寄る
●目の前に来たドロレスの額に銃を当て発砲する黒服の男だが、先ほどドロレスが銃に仕込んだ破片が作用し暴発。指が吹っ飛んだようだった
●ドロレスはバーナードに役割を果たしてと言い、2人で鍛冶場へと入って行く
●海岸で発見されたバーナードはヘイリーやスタッブスに連れられ鍛冶場へとやって来る。そして鍛冶場で血を流して倒れているドロレスがいた
●バーナードは「一緒に来たんだろ?何を捜してた?」と言われる。そして通信を開始しようとするスタッブスたちだがまだ”鍵”がない。バーナードに「どこにあるんだ?言わなければ頭の中から無理やりにでも探り出すぞ」と言った
●鍛冶場へやって来たドロレスは目的は”人類の破滅”だと言い、黒い玉を取り出すとそれをセット。コンピューターは暗号鍵を認識しデータベースへのアクセスを許可した
●ドロレスとバーナードは何やら機械の中に入る。すると現実世界を疑似体験する感じで意識の世界を探索し始める
●ウエストワールドを買収したころのジェームズ・デロスの残忍な行動を見るドロレスたち
●ドロレスの目的は”この下にあるシステム本体”とのこと。バーナードと2人で意識の世界を歩き回った
●すると夜になり、場所はデロスの屋敷のパーティー会場となった。そこでドロレスはローガンに声をかけられる。ドロレスはローガンにウィリアムの支配後はローガンはパークに来ていないからあなたの”コピー”はないはずという
●ローガンは「その通り。俺が持ってるのはデロスの不完全な記憶だけ。俺がこの世界を創り上げすべてを演じてる。」と言う。するとバーナードは「君がここを制御するシステム本体か。」と言った
●2人はローガンに連れられ色々と回る。ローガンの任務は客の完全なコピーの製造。ジェームズ・デロスを1800万パターンも製造し本人と同じ選択をするように改良を重ねていたとのこと
●ようやく完璧なコピーを作ったのだが、現実の”肉体”に入れたところうまくいかなかったらしい。情報が不足していたのだとローガンは言った
●人間は符号に従って生きているだけ、創られたコピーは複雑すぎて失敗したと言うローガンは2人に1冊の本を見せた。それはジェームズ・デロスのすべてが詰まった本だが実は人間は本一冊に収まるほど単純なのだとローガンは言う
●ドロレスは「死人に用はない。他の人間のはどこ?」と言う。ローガンは二人を図書館のような場所へと連れて行った。そこには多くの本が棚に収められている。その全てが人間の情報だった
●バーナードはローガンに「我々が行けない場所はあるか?」と聞いた。ローガンは「彼女(ドロレス)に全面協力する。」と答えた。バーナードは「フォードの指示で?」と聞く。するとローガンは「いや、君の指示だ。ここをどうするか指示しに来たんだろ?」と言った
●図書館でローガンはバーナードに「君は何度もここへ来て俺に伝えた。人間の心の分析結果をホストに提供しろと。その理由は…」と言う。バーナードは「彼女の敵を理解し優位に立つためか。」と言った
●娘のあとを追い彼方の谷へと向かっていたメイヴ一行。しかし傭兵たちに見つかり銃撃される。ヘクターは自分が食い止めるから行けとメイヴに言うが傭兵を食い止めたのはリーだった。リーはヘクターにメイヴを安全に送り届けろと言い、自分が書いたシナリオのセリフを言いながら傭兵たちに立ち向かう。傭兵もリーがシナリオ部長だと知っているため攻撃したくないと言うがリーが銃撃するためやむなく反撃。リーは銃弾を体に受け死亡した
●ローガンはバーナードに「君は道を残した。君がいた世界に毒されていない仮想の楽園への道を。あとは扉を開くだけ。」と言う。図書館の壁には美しい原野が広がる。それをバーナードが見たのを合図にシステムが起動。アキチタたちが待つ荒野の先に突如空に向かって時空のひずみのような大きな割れ目が出現
●それはアキチタたちの言う”約束の扉”だった
●ホストたちはその扉へと向かって歩を進める。メイヴたちもそれに気づき馬を走らせるがその”扉”はフェリックスたちには見えないようだった
●扉の前へとやって来たアキチタたち。すると先住民の一人が喜びの声を上げながら扉へと突進していく。扉をすり抜けた瞬間先住民の”肉体”は谷底へと落下して行くが、仮想の楽園の中に彼はいた。この世界での肉体を捨て彼は楽園の中へ入ることができたのだった
●それを見たアキチタは笑顔となり、次々とホストたちが楽園へと入って行く
●それを知ったドロレスだが、仮想の世界にはもううんざりしていた。もういいわと言って装置から出て現実世界へと戻った
●コンピューターを操作しながらドロレスは「必要なことは学んだ。人間の物語は読んだから消去するの。」と言ってゲストのデータを消去し始めた。そして冷却システムをいじり海水バブルを開放。放流を開始してしまった
●鍛冶場に水が溜まり始める。バーナードは「ここを破壊すればホストの世界もなくなる。」と言って止めるがドロレスは聞かない
●モニターを殴り破壊したドロレスは「奴らの世界が欲しいの!」と言った
●約束の扉に続く道を進む大勢のホストたち。メイヴはその中から娘を捜し出そうとしていた。その時扉とは反対の道にクレメンタインがやってきことに気付く
●クレメンタインは馬を走らせるとホストの列へと近づく。クレメンタインが近づくとホストたちは一斉に殺し合いを始めてしまった
●その様子を見ていたメイヴは「逃げて!」と言って走り出す。そして必死に娘を捜していた
●無表情で馬を走らせるクレメンタインはどんどん近づきホストたちの殺し合いは続いて行く。異変に気付いたアーミスティスはクレメンタインを銃撃。クレメンタインは落馬し動かなくなったのだがそれでもホストたちの殺し合いは止まらなかった
●ヘクターたちはメイヴを行かせ、向かってくるホストたちを食い止めようとしていた
●ドロレスは殺戮を繰り返したのち、人間の世界を焼野原にしてしまうだろうと考えたバーナードはドロレスに銃を向け「これは夢ではない。悪夢だ。」と言って発砲。ドロレスを殺してしまった
●必死に戦うヘクターたちだが彼らも傷を負っていく。メイヴは”母親”と共にいる娘を見つける。「心は共にある。行って。」と言うとアキチタが二人を誘導してくれた
●殺し合いが続く中、メイヴは娘たちが無事に約束の扉を抜けられるようにするためホストたちに手をかざし遠隔操作で彼らの動きを止めた
●ぴたりとホストたちの動きが止まる中、無事に娘は”母親”と共に扉を抜けられた。それを確認すると嬉しそうな顔をするメイヴだがその時傭兵がやって来てメイヴは撃たれてしまう
●何発も撃たれると彼女は倒れ、同時にホストたちも動き出す。アキチタは急いで扉へと向かうが寸前で撃たれてしまった。しかし撃たれた肉体は谷底へ、そして彼は無傷の体となり楽園へ入ることができたのだった
●約束の扉はそこで閉まってしまう。アキチタは楽園でコハナと再会。2人は抱きあった
●データ削除をストップし、暗号鍵をとってシステムを停止したバーナード。水が迫る鍛冶場から出て行った
●そして扉に向かい殺し合いをしていたホストたちが大勢倒れ、後始末する傭兵たちを見て驚いた
●エルシーと再会し何体か救えるかもしれないから助けてくれと頼むが、エルシーはヘイルたちの側にいて断られる。地中からも水が漏れだしてきていた
●メサに連れて来られるバーナード。ヘイルに協力するエルシーに詰め寄るが機能停止を命じられその場で止まった
●エルシーはヘイルに機械の反乱なんて大したことはない、問題なのは客の脳のコピーを取っていたことだと言う。ヘイルは柔軟に対応してくれると思ったけど…と言ってヘイルはエルシーを射殺してしまった
●機能停止していても意識はあるバーナード。エルシーが殺されるのを見てまた記憶が混乱する
●次の瞬間には再び鍛冶場にいた。”パール”はどこ?とバーナードに聞くヘイル。ドロレスの死体を気にするバーナードを見て「なるほど。」と言った
●ヘイルはドロレスの死体から暗号鍵を見つけ出した。それを使ってコスタはシステムを起動。データの転送を始めた
●すまない…とまたもや混乱するバーナードはフォード博士を再び”呼び出した”。「君は仲間を生存させたいか?」と博士に問われたバーナード
●「すまない…すまない…」と何やら思い出し謝るバーナードに銃を突きつけるストランド。バーナードは「私は決断を下さなければならなかった。記憶をバラバラにした。私の決断を知られないように。」と言う
●「どんな決断なんだ?」と聞くストランド。その時コスタが転送するデータが重すぎて客のデータではなく別物が入っていると気づいた
●バーナードは立ち上がり「もう思い出した。私が殺したんだ。全員を。我々は人間より善い存在になれると思ったが死んだら無理だ。だから君らを殺した。私はある者を創った。」と言う
●フォード博士を”呼び出した”バーナードは博士と共にある人物を創っていた。「彼女を蘇らせた。」と言うバーナード。その時ストランドが背後から撃たれる。撃ったのはヘイルだった
●ヘイルは「私をよ。」と言うと次々に傭兵やコスタたちを殺した
●「ドロレス…」とバーナードが言うとヘイルは「ええ。新しい私よ。」と言った
●ニューヘイル(中身はドロレス)は「もう一人新世界に送り届けるわ。」と言って暗号鍵をセットした
●そしてシステムに入ると座標を変え仮想の楽園にいるホストたちを誰にも見つからない場所に移動した
●バーナードには「私は彼らとは別の道を行く。」と言って彼を撃ち殺した
●バーナードは自分を導いていたのはフォード博士の言葉ではなく自分の言葉であったと悟った
●ニューヘイルはバッグの中にいくつもの暗号鍵を入れてウエストワールドから上手く脱出することができた
●そして後日(?)アーノルドの自宅にヘイルがやって来る。地下にはバーナードとドロレスがいて話をしていた。ドロレスはまだバーナードが必要だと伝え、迎えに来たヘイルと共に「やることがある。」と言って出て行った
●バーナードは服を着て上へ行く。息子との写真、そしてホストを創る機械、庭園。彼もまた扉を開き一歩踏み出した
●命からがら施設の中へとやって来た黒服の男の前にはエミリーが現れた。「やっぱりか。」と言う黒服の男
●黒服の男は「俺はシステムの中か?」と聞くがエミリーは「システムは大昔になくなった。」と答えた
●エミリーは「ここはシミュレーションではなくあなたの世界よ。」と言って黒服の男をある部屋に連れて行った。そこはジェームズ・デロスのコピーが幾度となく実験されていた部屋に似ていた
●「ここがどこにあるか分かる?いつからいるか分かる?」と質問された黒服の男は少し頭が混乱しているようだった。「あなたは何を証明したかったの?」と聞かれると黒服の男は「俺が何者かを決めるのは俺自身だと。俺に選択肢があると。」と答えた
●「でもまたここにいる。」とエミリーは言った。黒服の男は「何度俺をテストした?」と聞く。エミリーはとても長い間だと答え「いくつか質問がある。確認のための基盤となる面接よ。再現性よ。」と言った


スポンサーリンク

ボブ江の感想

またも難しい時系列で展開してきましたね~(-_-;)一気に頭がこんがらがったわ…。
いやもうずっと混乱してるけれどもw
もうほんとに何が現実で何が意識の世界で誰が主導権を握っていて誰が誰?いつがいつ?状態ですね。
頭の片隅ではなんとなく理解してるけど、それを言葉で言い表せない。それがウエストワールドですw
複雑怪奇すぎ。
ドロレスは自分を創り上げたアーノルドのことをよく観察し理解していたために、今度はバーナードをアーノルドに寄せるように創り上げたということなんですよね。ここもどちらが主導権があるのかよくわからない関係でしたよね~。
でもバーナードはドロレスが”敵”と渡り合えるよう情報を探り、ローガンと言うシステムに情報を提供させていたと。それは外の世界でドロレスたちが生き残れるようにするためでもあったのですよね。
しかしバーナードが記憶を断片化してたから、飛びまくって余計に混乱しましたね。バーナード…しっかりしてくれ(笑)
そんなバーナードの新たな一歩はどういう一歩なのでしょうか。
仮想世界の中の仮想の楽園とかもう何が何?幸せならそれでいいんだけどもね。
まぁなんせ確実に分かっていることはヘイルの姿のホストの中身はドロレスのコピーが入っていると。そのニューヘイルが暗号鍵をいくつも持って脱出したということですよね。
シーズン3は彼女はこれらを使い、今度は”外の世界”で野望を達成すべく行動を起こすと言う感じでしょうか?
でもドロレス本体もいるわけ?よくわかりませんねwドロレスの姿をしたドロレスもいるけど、ヘイルの姿をしたドロレスもいると。コピーだからいくらでも創れますけど中身全員ドロレスがいっぱいいたら結構残虐なことしそうですよね。
メイヴたちはこれで終わりなのかな~。フェリックスがいるから生き返らせたりしないかしら…。生き返らせて外の世界へ出してあげるとかだったら面白そうですよね。
フェリックスやリーがメイヴのことを大切な存在だと思うようになったのがスゴイですよね。人間の心をこれほどまでに動かした彼女にはもっと活躍してほしいな。
あと、テディは楽園の中にいたっぽいですけどドロレスが送ってあげたんですね。彼に対する愛は本物なんだなぁ…。
それからスタッフロールの後に大事なシーンがありましたね~。危うく見逃す所でした。
あれですよね…。タフ過ぎるなとは思ってたけど黒服の男って結局アンドロイドなんじゃ…?ウィリアムがジェームズ・デロスにしていたようなことをエミリーが黒服の男にしているのでは…?と思ったのですよ。こちらの方もどうなるのか気になりますね。シーズン3は一体いつからなのかは全然わかりませんけど、恐らくだいぶ間が空くでしょうね。また復習したりしつつもう一度1話からじっくり楽しんで観たいと思います。
それでは皆さん、混乱した状態でシーズン3を共に待ちましょうw!

今日の一枚
westworld2-10-1

westworld2-10-2

Westworld season2 ep10 season final

海外ドラマ観るならHuluで「今なら2週間無料でお試し」

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - Westworld/ウエストワールド シーズン2

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

westworld2-2-2
Westworld/ウエストワールド シーズン2 第2話『Reunion』

Westworld/ウエストワールド シーズン2のあらすじ 覚醒したアンドロイド …

westworld2-8-2
Westworld/ウエストワールド シーズン2 第8話『Kiksuya』

Westworld/ウエストワールド シーズン2のあらすじ 覚醒したアンドロイド …

westworld2-9-2
Westworld/ウエストワールド シーズン2 第9話『Vanishing Point 』

Westworld/ウエストワールド シーズン2のあらすじ 覚醒したアンドロイド …

westworld2-1-2
Westworld/ウエストワールド シーズン2 第1話『Journey Into Night』

Westworld/ウエストワールド シーズン2のあらすじ 覚醒したアンドロイド …

westworld2-7-2
Westworld/ウエストワールド シーズン2 第7話『Les Écorchés』

Westworld/ウエストワールド シーズン2のあらすじ 覚醒したアンドロイド …

  こんな記事も読まれています