ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

メンタリスト シーズン6 第5話『赤いタトゥー』

   

 (0)

メンタリスト シーズン6のあらすじ
連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り込んだパトリック・ジェーン。リズボンはじめ仲間たちの協力を得て1人ずつ調べ上げて行くが、レッド・ジョンはそのことまで見透かしていた!妻子を殺されたパトリック・ジェーンと宿敵レッド・ジョンとの戦い終止符が打たれる!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

レッド・ジョン情報まとめ

レッド・ジョンの候補7名
ブレット・パートリッジ【鑑識官】  ←第1話にて死亡
■トーマス・マカリスター【ナパ群保安官】
■ブレット・スタイルズ【ビジュアライズ教祖】
■ゲイル・バートラム【CBI局長】
■レイ・ハフナー【元CBI捜査官】
■リード・スミス【FBI捜査官】
ボブ・カークランド【国土安全保障省捜査官】  ←第4話にて死亡

精神科医ソフィー(ジェーンの元精神科医であり、ジェーンの情報を得る為にレッド・ジョンが患者になりすまし近づき殺害)のレッド・ジョンと思われる患者(偽名ジェイ・ロス)の音声カルテによるレッド・ジョンの特徴と見解
■強度の高所恐怖症だと言う ■健康な中年男性で精神疾患の既往歴なし ■家族はいないけど支えてくれる友人は多数 ■話し方も態度も上品で冷静 ■口笛を吹くのが得意 ■自己陶酔的な面を持つ兆しが見られる ■高所恐怖症とは限らないが何かを恐れている兆候はある

信者の為に

ホテルの部屋で男性が何者かに「あいつに刺された」と言い残して死亡する事件が起こる。早速現場に向かうジェーンたちだがそこにビジュアライズ関係者が現れる。被害者のパークマンはビジュアライズの信者であった為幹部のクーパーとハフナーが来たと言うわけだった。リズボンは「すみませんが、民間の方の介入は認められません」と断る。クーパーは「これは副知事からの手紙です。ハフナーに協力させるよう書いてあります」と手紙を渡してきた。リズボンは困ったような顔をする。そしてハフナーはジェーンに「レッド・ジョンの方は進んでいるのか?」と探りを入れて来た。そして教団はジェーンのことを研究していると話し、「ちょっとした予言だ。いずれ報いを受ける日が来るぞ」と言った。

ビジュアライズの介入

パークマンは体操のジムを経営しているらしくジェーンとチョウはジムに行って共同経営者やジムの生徒や親に話を聞いて回った。そしてリズボンはパークマンとビジュアライズの接点が見つからないし、大物が絡んでくるなんておかしいと思いクーパーやハフナーから情報を引き出す為下手に出て近づくことにする。そんな中また新たな事件が近くで起こり被害者はジムで前に働いていた男性フロストとわかる。フロストの助手席に血の付いたナイフがあったことから彼がパークマンを刺したと推測された。ではフロストは一体誰に殺されたのか?それは謎だった。ビジュアライズ絡みの可能性もある為、リズボンたちはハフナーたちと共同で捜査を始めることになる。詳しく調べた結果をハフナーにも説明する。ホテルの近くで射殺されていたフロストの助手席にあったナイフにはパークマンの血液が付いていた。そしてフロストを撃ったと思われる消音機付きの銃は近くの路地で発見される。でも時間的に考えると色々な矛盾がありどちらも容疑者とは言えない状況になっていた。

チョウに恋の予感?

パークマンのジムで出会った女性キラがCBIにやって来てチョウをコーヒーに誘う。それに応じたチョウ。二人は連れ立って出かけた。その姿を見たジェーンはリズボンに「事件が解決した。」と言ってチョウの机に向かう。そして何やら捜して見つけた物をポケットにしまった。そしてリズボンに「ねぇ、アレ買ってきて。エクササイズ用のバンド。現場のホテルに持ってきて。」と言う。ジェーンはそのままチョウのデート現場へ直行。そしてキラに「ねぇ、コレ君のだよね」と盗聴器をポケットから出す。「何それ?そんなの見たことないわ」ととぼけるキラだがジェーンは「君がチョウのデスクに仕掛けたんだよね。これと一緒に使うんだろ?」とキラのバッグから受信機を発見。しかも私立探偵のIDカードも入っていた。キラは開き直って認めて、じゃぁこれは持って帰るわと盗聴器を持っていこうとしたのをジェーンがダメだよと言って取ろうとするので盗聴器はコーヒーの中に落ちてダメになってしまった。チョウはキラに詰め寄って依頼者が誰か聞き出した。すると捜査状況を知りたがっているビジュアライズでキラは信者ではないということがわかった。チョウは「依頼者はビジュアライズだ。連絡して女を尾行させる」と言うがジェーンは「いや、いい。」と言った。実はコーヒーの中に落としたのはコインで盗聴器はキラのバッグに忍ばせたということだった。

スポンサーリンク

事件の全容

ジェーンは銃が発見された場所にチョウとリグスビーと来ていた。「ここで銃が発見されて、ホテルはあっちの方角なんだよね?やっぱりな」と何やら確認を行っていた。そしてその後リズボン、クーパー、ハフナーが待つ殺害現場のホテルへ向かい皆の前で事件について説明を始める。パークマンとフロストは付き合っていたが、ある日遠征に連れて行ってもらえないことから浮気を疑ったフロスト。フロストがまだ未成年の選手時代から付き合っているから合意の上でも法律的にはアウト。浮気の復讐をしてやろうと考えたフロストは不当解雇でパークマンを訴えようとするが彼を広報係として使っていたビジュアライズに逆に脅されてしまった。そこでフロストは強硬策に出ることにし、児童虐待者と呼ばれたくなければ大金をもって来るように言い、二人は車で会う。そこでパークマンは消音機付きの銃でフロストを撃ち殺す。だがフロストもナイフを持っていたため相打ちのような形になったが傷は浅いと思われたのでパークマンはそのままホテルに帰って来る。そして銃を隠す為エクササイズ用のバンドを使ってパチンコの要領で銃を遠くへ飛ばした。だがその動作が彼の大動脈を傷つけてしまい死に至ったということだった。

新たな情報

その後クーパーをCBIのエレベーターまで見送るリズボンとジェーン。ハフナーは他の仕事に行った為いなくなっていた。クーパーの「もう少し我々の立場を配慮してもらいたい」という上から目線発言を聞いてジェーンは「配慮?笑わせるね。CBIを盗聴しようとした人が。彼女は依頼主のことをしゃべったよ。」と怒って話す。だがクーパーはやれやれといった顔をして「一体何のことだか…ただこれだけは言っておきます。盗聴したのは私ではありません」と言った。それを聞いてジェーンの顔色が変わる。「すぐにこれを追跡してもらわないと…クーパーは盗聴してない。やったのはレッド・ジョンだ。すぐにキラを捜さないと…依頼を果たせなかったからレッド・ジョンは殺すはずだ」と言ってキラのバッグに仕込んだ盗聴器を追跡してもらう。キラはずっと通話中でその会話は聞こえていた。リズボンとジェーンはキラの家へ向かっていた。そしてキラに来客があったようで揉み合う声が聞こえる。パトカーも手配し向かわせるが先に着いた警官が中に入るとすでにキラは虫の息になっていた。そしてジェーンたちも到着。「誰にやられた?誰だ?」と聞くとキラは「タトゥー…左肩にタトゥーのある男…」と言った。

今回もハフナーは怪しさ満点でしたね。蜘蛛が怖いというのがわかりましたが…最後も別の仕事と言っていなくなった訳でキラを殺すことだって可能ですよね。まだビジュアライズの親分も出て来てないし。この辺りどうなんでしょう?そして新たにレッド・ジョンは左肩にタトゥーがあることが判明。かなり有力な情報だと思いますが普通そんなのわからないような…タンクトップでも着てたってこと?揉み合った隙に見えたってことでしょうか?
カークランドの死亡について疑問を持ったチョウとリグスビー。この辺りも新たな糸口になるのでしょうか!?
一体誰がレッド・ジョンなのよぉ~!!! とまだ5話目なのに悶えるボブ江でした。

今日の一枚
mentalist6-5-1

mentalist6-5-2

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - メンタリスト シーズン6

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部



Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

mentalist6-18-2
メンタリスト シーズン6 第18話『緑の森』

メンタリスト シーズン6のあらすじのあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7 …

mentalist6-2-2
メンタリスト シーズン6 第2話『黒い翼の赤い鳥』

メンタリスト シーズン6のあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り …

mentalist6-16-2
メンタリスト シーズン6 第16話『すみれの花束』

メンタリスト シーズン6のあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り …

mentalist6-19-2
メンタリスト シーズン6 第19話『茶色い目の少女たち』

メンタリスト シーズン6のあらすじのあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7 …

mentalist6-3-2
メンタリスト シーズン6 第3話『血塗られた結婚式』

メンタリスト シーズン6のあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り …