ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

メンタリスト シーズン6 第21話『黒い取引』

   

 (2)

メンタリスト シーズン6のあらすじのあらすじ
連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り込んだパトリック・ジェーン。リズボンはじめ仲間たちの協力を得て1人ずつ調べ上げて行くが、レッド・ジョンはそのことまで見透かしていた!妻子を殺されたパトリック・ジェーンと宿敵レッド・ジョンとの戦いに終止符が打たれる!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

黒幕の男

医療センターで見つかった3人の女性の遺体はどれも臓器を抜かれていた。そして手の甲にはダニエラと同じハートマークが書かれていた。この臓器売買も今まで追っていた人身売買組織の仕業だと判断され捜査を始める。
本部に戻ったチョウたちはカシミ兄弟が使っていたトラックの所有者を調べるが何社も経由させていてなかなかしっぽを掴めない。その時フィッシャーが「カシミ兄弟が殺されたわ。今朝監房で刺された。きっと人身売買組織の仕業よ」とやって来た。糸口が一つ消えてしまったがワイリーは医療センターの関係者側から調べ直すとトラックの会社の人物がいた。マイケル・リドリーという名前の男で医療センターを売った会社の共同経営者ということだった。彼は例のトラック会社のオーナーでもある。リズボンとジェーンはリドリーの会社を訪れ話を聞く。だがリドリーも一筋縄ではいかない。ジェーンも挑発的な態度を見せるが思うような話は聞けなかった。
リドリーはジェーンたちが帰った後手下に電話をかけた。「FBIが来た。医療センターの遺体が連中に見つかったようだ。医療センターの責任者を片付けろ」と指示した。

狙われる関係者

医療センターから16人のDNAが検出された。それは他にも被害者がいるという証拠だがその中に一人だけ男性のDNAがあった。調べるとアレグザンダー・ラークという元外科医で7年前に免許を失った男だった。フィッシャーは「おそらく摘出責任者なのでは」とアボットに言った。フィッシャーはチョウとラークの娘エイプリルに話を聞きに行く。父親とは不仲の為疎遠だというエイプリルだが父親が落ち込んだ時必ず行く場所を教えてくれた。その場所で車に乗ろうとしているラークを発見したチョウたちは捕まえる事が出来たがすぐ近くの車の中にはリドリーが指示を与えた手下の姿があった。手下のアンソニーはリドリーから電話を受けていたが「FBIが奴を逮捕してしまった」と報告する。リドリーは「阻止しろ。できるか?」と聞いた。そしてFBIを巻き込んでも構わないという。アンソニーはラークの車に仕掛けておいた爆弾を起爆。ラークもチョウたちもふっとばされてしまうが幸い大事には至らなかった。

スポンサーリンク

またも消される関係者

アボットとフィッシャーはラークから話を聞く。「多くはそのまま売られるが移植が必要な客の臓器と適合する場合は手にハートを描かれ私の元に。麻酔で痛みは一切ないが私が殺すようなものだ…。臓器を摘出すると男が取りに来て臓器を買手に届ける。リドリーは書類を偽造して臓器入手を合法に見せる。移植を行う病院にはバレない。臓器を取りに来る男の名前はわからない…。見た感じ若かった。おそらく20代後半。腕にタトゥーをしていた」とラークは話した。この話からリドリーは逮捕されるがすぐに保釈されてしまった。ジェーンは「おめでとう。でも勝利は一時的だ」と言った。フィッシャーたちは更なる情報をラークから聞き出そうとするが翌朝監房で首を吊って死亡しているのが見つかる。近くにはペンダントが置かれていた。娘のエイプリルにこのペンダントを見せ何か知っているかと聞くと「ここにあったの…?あり得ないわ。昨日私がしていたのよ。寝るときも」と言った。これを聞きラークは娘をネタに脅され自殺を図ったのだと考えられた。

手術の時間です

ジェーンはリズボンに「2時間後に医療センターに来て」と言った。どうやらリドリーを捕まえる為また一芝居うつつもりらしい。リドリーの家を訪ねたジェーンは隙を見てリドリーの酒に薬を入れて眠らせる。そして拘束してストレッチャーで医療センターへと運んだ。リズボンとジェーンは手術着を着てもう一人の”患者”にメスを入れようとする。目が覚め朦朧としているリドリーはその様子を眺めていた。ジェーンはまだ生きている男の腹を開くと(というフリをして血もリズボンがスポンジで付けていた)男は苦しそうに声を上げながらばたばたともがいた。それを恐ろしそうに見ていたリドリー。手術された男はやがてぱたっと動きが止まる。力なく下に落ちた腕には見覚えのあるタトゥーが…。手術されていたのがアンソニーだとわかりリドリーは焦った。リズボンがリドリーに気付き「やだ、眠らせてなかったの?」と言うとジェーンが「起きたものは仕方ない」と言って今度はリドリーの腹にメスをあてようとする。リドリーは「やめろ、待て!PCに客の名簿を保管してる。全員だ!パスワードを教えるから!」と言って結局自白をしてしまった。
リドリーの弁護士に「拷問しましたね。拷問による自白は証拠になりませんよ」と言われる。ジェーンは終始やってないととぼける。リドリーは「アンソニーを殺しただろ!」と言うがそこで捕まって留置場にぶち込まれているアンソニーのライブ映像を見せられる。「あり得ない…見たんだ」というリドリーはアボットに「供述を訂正した方がいい」と言われ返す言葉がなかった。

話せない思い

人身売買の件も解決していた。船に乗せられ売られようとしていた女性たちはチョウの働きかけにより無事保護された。ダニエラも妹エイミーと再会することができた。事件は片付いたその晩、本部にいるリズボンの所へパイクがやって来たのでDC行きを決断すると伝える。すると突然パイクはプロポーズをした。返事に困るが嬉しそうな顔をするリズボン。パイクは「返事は急がなくてもいい」と言った。パイクが下で待っていると言ったのでリズボンはカウチに座り本を読んでいるジェーンの所へ行く。DC行きのことについてきちんと話をしようと思ったみたいだがやはり話せなかった。ジェーンが「僕らはいいコンビだ」と言うとリズボンは「そうね。」と答えお休みと言って別れた。

リドリー事件のカタが付きましたね。てっきり次回まで引っ張るのかと思っていました。次回はついにシーズン最終話です。また新たな事件をぶっこんでくるようですがそれが次のシーズンに繋がる感じでしょうか。リズボンとジェーンも平行線のままですが次回は何かしら動きがあるのかな。それとも次のシーズンにご期待!みたいな感じじゃないでしょうね? どのような答えでも二人が幸せになってくれるといいのですが…

今日の一枚
mentalist6-21-1

mentalist6-21-2

mentalist season6 ep21

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - メンタリスト シーズン6

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. ちゃや より:

    はじめまして。
    録画していたものをまとめて観ていたら一話だけ録れておらず、ショックに打ちのめされながらネットをさ迷い、ここに辿り着きました。
    今ではすっかり観た気になって満足してしまってます。
    こんなに素晴らしいブログを書いてくださってありがとうございます!
    他の観たことないドラマも、色々読んでみたくなりました。
    それにイラストが最高です♪
    ものすごく特徴を捉えていて、すごい!
    とっても楽しませていただきました。
    ありがとうございました。

    • ボブ江 ボブ江 より:

      ちゃやさん
      コメントありがとうございます!
      一話だけ録れてなかったとは…かなりショックですよね。
      実は一話だけ見逃してしまった方などのお役に立てればと思い長文で書いているのもあるので、
      少しでもちゃやさんのフォローができたなら嬉しいです~!
      またほかのドラマや映画等もボチボチ書いて行きますのでお暇な時に覗いてやって下さいね!
      お絵かきもまた笑ってもらえると嬉しいです!•٩(๑•̀ω•́๑)۶
      嬉しいお言葉、こちらこそありがとうございます♪

Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

mentalist6-11-2
メンタリスト シーズン6 第11話『白線』

メンタリスト シーズン6のあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り …

mentalst6-6-2
メンタリスト シーズン6 第6話『地獄の炎』

メンタリスト シーズン6のあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り …

mentalist6-20-2
メンタリスト シーズン6 第20話『白いテーブル』

メンタリスト シーズン6のあらすじのあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7 …

mentalist6-3-2
メンタリスト シーズン6 第3話『血塗られた結婚式』

メンタリスト シーズン6のあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り …

mentalist6-14-2
メンタリスト シーズン6 第14話『灰色の水』

メンタリスト シーズン6のあらすじ 連続殺人鬼レッド・ジョンの候補を7人まで絞り …