ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン) 第13話『ジ・エンド』(最終話)

   

 (3)

GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン)のあらすじ
人間に代わりヴェッセンが世界を治めようと目論む鉤爪たちとの戦い。
ダイアナの力に操られボナパルトを殺してしまったレナード。しかし権力へのあこがれから鉤爪側になっているレナードの心は変わらずニックたちとの争いは激化する。
戦いの行方は?
そして”棒きれ”の力で瀕死の状態から助かったジュリエットの異変とは?
ご懐妊のロザリーは?
奪われたアダリンドとケリーは戻るのか?
ついに完結の最終シーズン!(13話構成だそうですよ!)

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

効かない棒の力

ツェアシュテーラーとの戦いで吹っ飛ばされたニックはしばらくして目を覚ます。倒れているウーに近づき急いで棒を当てるがウーは息を吹き返さない。焦るニックは続いてハンクにも棒を当てるがハンクも生き返ることはなかった…。「なぜ効かない!!!」と悲しむニック。そこへトラブルが駆けつけた。トラブルも2人の死を驚く。そして周りを見ると警官は皆殺しになっていた。なぜ自分だけ生き残ったかと言うニックにトラブルは「殺し損ねたか棒が守ったか…」と言うがニックは「なぜハンクたちは救わない!」と棒にイラついていた。
そして「もう警官を殺させない。俺が仕留める。」と言う。トラブルは「銃がダメなら先祖たちのやり方だ。首を斬る。」と言った。
ひとまずニックは小屋にいるアダリンドに電話をし警察署が襲撃され皆殺しにされたこと、その中にウーとハンクが含まれることを伝える。アダリンドとレナードはそれを聞き驚き悲しんだ。そしてアダリンドはニックにツェアシュテーラーはケリーも狙っているようだと伝えた。ニックはトラブルに小屋へ行って皆を守るように言う。そして自分はスパイス店へ行き戦いの準備をすると言った。

対ツェアシュテーラーの秘薬

一方スパイス店の地下でツェアシュテーラーを倒す方法を探しているロザリー、モンロー、イヴ。だがツェアシュテーラーは無敵なのかと思えるほど何も見つからずロザリーは苛立っていた。
その時モンローが一つの本から気になる部分を見つける。「”血に宿る力”に心当たりは?”その獣が無敵で戦えば命を落とす場合血に宿る力だけが巨大な悪を打ち破り破壊者を破壊できる”」と本を読んだ。イヴは「”血に宿る力”ね。私はこの本の”血の魔術”で鏡を通れた。」と言う。するとロザリーは「思い当たる薬は”フォース・ドゥ・サン”ね。両親の本に出てた。でも調剤に時間がかかるし材料集めも厄介。特に入手困難なのがグリムとヴェッセンとヘクセンビーストの血。効くか分からないけど最後の手段となる薬よ。」と言った。
すぐに3人は血以外の材料を調合し始める。ようやく見つけたかもしれないツェアシュテーラーを倒す術。そこにニックがやって来たので3人は少し興奮気味に薬のことを話すがニックの様子を見て何かが起こったのだと気づく。
ニックは「署が襲われた…応戦したが皆殺しに…。」と言う。モンローは悪い予感を抱えながら「皆って何だ…?」と聞く。ニックは「ハンクとウーもだ。」と答える。モンローたちは驚き悲しむ。まだ信じられないと言う彼らにニックはトラブルを小屋に向かわせたと伝えた。そして3人の言っている薬がもしかしたらツェアシュテーラーを倒すことができるものかもしれないと聞き「すぐにやろう。頼んだぞ。」と言った。魔法瓶に調合薬を詰めたロザリーとモンローを先に行かせニックとイヴは武器を準備していた。その時店にツェアシュテーラーが現れる。イヴは「ニック!みんなの所へ!」と言いナイフを構える。しかしツェアシュテーラーの杖の力でイヴは構えたナイフの刃先がどんどん自分へと向かってきてしまう。吹っ飛ばされたニックの前でイヴは自分の腹を刺してしまった。「よせ!」と駆け寄るニック。ツェアシュテーラーの姿は消えていた。ニックは力なく崩れていくイヴを抱きとめ「イヴ…。ジュリエット…。」と言う。イヴは「悔いはない。」と言い彼女も息を引き取ってしまった…。
ニックは「君まで死なせない」と言ってすぐにイヴの傷口に棒を当てるがまたも効かなかった。

3人の血で作った薬

先に小屋に着いたロザリーとモンローはアダリンドたちに秘薬のことを話す。
必要となるヘクセンビーストの血をアダリンドからもらわなければならない。この薬のことはアダリンドも知っていてもちろん作ることに承諾してくれる。すぐに鉢に調合した薬を入れ、あとはグリムとヘクセンビーストとヴェッセンの血を入れるのみとなった。そこへニックもやって来る。店が襲われイヴが殺されたことを告げられた仲間たちはショックを隠せなかった。ニックたちは憎きツェアシュテーラーを倒すためすぐに薬作りに取り掛かる。薬の入った鉢の上でグリムとヘクセンビーストとヴェッセンが手を重ね合わせ、それを短剣で貫く。短剣を引き抜きその血を調合した薬の中に落としていくということだった。ニックとアダリンドとモンローは手を重ねた。誰が貫くのかという話になるとロザリーは出来ないと言う。レナードが自分がやると言ってくれ短剣を手にした。モンローとアダリンドはヴォーガし、レナードが短剣を構える。だが躊躇したのでトラブルが手伝ってくれ3人の手を貫いた。「一つになれ!一つになれ!一つになれ!」とアダリンドは呪文を唱え手から剣が引き抜かれた。滴り落ちる血は鉢の中の薬へと混ざって行く。一人でにぐるぐると混ざり始めるとアダリンドとモンローはヴォーガを解いた。すると3人の手の傷はみるみる治っていった。
鉢の中ではどんどん薬が煮えたぎりボコボコと湧き上がるように動いていた。「初めて見るわ…」とロザリーはスプーンでその薬をかき混ぜる。するとスプーンが溶け始めた。スプーンをも溶かす熱。トラブルは「奴のことも溶かすといい。」と言った。

次々に奪われる仲間

地下で寝ていたダイアナが変な感じがして眠れないと1階へあがってきた。そして「すぐ彼が来るわ。ニックが目印。棒が教えるの。彼は棒を欲しがってるわ。ずっと捜してたって。」と言って玄関の方へと向かう。その時家が揺れ始めた。
そしてツェアシュテーラーが現れる。ツェアシュテーラーが杖を地面に一突きするとダイアナ以外の人間は全て吹っ飛ばされてしまう。そしてツェアシュテーラーはダイアナを見ると人間の姿に戻った。ダイアナもなぜか彼を笑顔で見ていて差し出された手をとると2人で小屋から出て行ってしまった。
急いで追いかけツェアシュテーラーと戦うレナード。ヴォーガし必死に戦うがやはり力が及ばない。トラブルにケリーを託しニックたちも外へ出て戦おうとするがレナードは杖で胸を刺されて死亡。モンローはツェアシュテーラーの顔に秘薬を掛けた。するとツェアシュテーラーは顔から煙を出し苦しみ始める。「効いた!」と喜ぶロザリーたち。ニックはこの隙に斧を振りかぶってツェアシュテーラーを仕留めようとするがツェアシュテーラーはそれを片手で止めた。ぶくぶくとやけどのようになっていた彼の顔はみるみる元に戻って行った。秘薬は効かなかったのだ…。アダリンドは家の中にいるトラブルとケリーに「逃げてー!!!」と言うがツェアシュテーラーは杖をかざし小屋の扉を閉めトラブルたちを閉じ込めてしまった。
外に出ているモンローたちは必死に戦い始める。しかし全然歯が立たない。ヘクセンビーストの力で杖を奪ったアダリンドがツェアシュテーラーに殴り掛かろうとするが、逆にニックから奪った斧で刺されて殺されてしまう。
そして杖を拾ったロザリーがそれを構えるとツェアシュテーラーの力で杖は大蛇に変わりロザリーの喉元に食いついた。モンローは急いでヴォーガしその大蛇をロザリーから引き剥がすが大蛇はモンローの喉元にも噛みついてしまった。
2人は倒れまもなく息を引き取った…。
仲間たちを失い叫ぶニック。その間にツェアシュテーラーはダイアナと共に小屋の中へと入って行く。トラブルに「弟から離れて。」と言うダイアナ。トラブルはナタを手にしツェアシュテーラーに立ち向かうが杖がロープのようなものに変わりそれがトラブルの首を絞め始める。駆けつけたニックがその光景に驚いているとトラブルもあっという間に死んでしまう。
ダイアナは「行きましょう。弟もあなたが好きよ。」と言ってツェアシュテーラーを促した。ニックはツェアシュテーラーに「全部奪ったな…。息子は渡さん。」と言うがツェアシュテーラーは人間の姿に戻り「それは必要ないこと。」と言いだした。ニックが「狙いは棒なんだろ?」と聞くとそうだと返事が返って来る。そして「譲ってくれたらいいものをやる。興味が湧くはずだ。」と言ってトラブルに杖をかざした。するとトラブルは息を吹き返す。ツェアシュテーラーは「全員返してやる。」と言った。目を覚ましたトラブルはどうなってるんだと武器を構えるがニックはケリーの所へ行きそっと顔を撫でた。そしてツェアシュテーラーの方を向くと「やるよ。」と言って棒を差し出す。やっと手に入る…そんな顔を見せたツェアシュテーラー。すると杖の欠けている部分と棒が共鳴するように緑に光り始めた。まさにニックが棒を渡そうとしたその時…トラブルが止めに入り「悪魔に惑わされるな。欲しけりゃ奪うはず。なぜ頼む?何か隠してるぞ。」と言った。ツェアシュテーラーは「子供らに助言を請え。」というと小屋から出て行った。

スポンサーリンク

一族の血

トラブルは棒を渡さないように言うがニックは「仲間を生き返らせる。」と言ってツェアシュテーラーを追いかけた。
棒を渡そうとするニックを必死に止めるトラブル。2人は棒を巡って殴り合いになってしまう。トラブルは棒を拾うとそれを持って森へと走って行く。ニックもすぐに追いかけるがしばらくすると棒を持ったトラブルの手がまるでやけどのように熱くなり痛み始める。苦しむトラブルをタックルして止めるニック。またも激しい殴り合いとなりニックはトラブルに勝った。そして棒を拾い上げツェアシュテーラーの元へと戻って行く。その時森が暗くなり、空には雷鳴が轟く。「ニック。ニック、待って。」「ダメよ。裏切らないで。私たちを。グリムを。」と女性の声がした。そして「ニッキー!!」と言われニックが振り向くとそこにいたのは母親のケリーだった。突然死んだ母親が目の前に現れ驚くニック。ケリーは「欲求を抑えなさい。それを手放さないで。」と言う。ニックは「みんな死んだ。他に手はない。」と言ってその場から去ろうとするが今度はマリーおばさんが現れた。「そんなのは思い込みよ。トラブルが正しい。」と言う。続けてケリーは「奴は力ずくでは棒を得られない。だからあなたの仲間を奪い取引を迫ってるの。」と言った。それでもニックは仲間を取り戻そうとしている。「勝てないさ。」と言うニックにケリーたちは「勝てるわ。”血に宿る力”で。グリムに代々伝わる力があなたに宿ってる。私たちやトラブルにもね。私たちに必要な力の源は一族の血よ。道を示し戦意を呼び覚ます。その力でどんな悪も打ち破れる。戦うわよ。」と言った。

グリムの末裔たち

ニックは棒を持ち、ケリーとマリーと共にツェアシュテーラーの元へと行った。トラブルも急いで追いかけてくるがニックの顔を見て彼の決断が変わったことに気付く。
ニックは「この棒のために虐殺か。」という。よこせと言うツェアシュテーラーだがニックは棒を地面に落とし「拾え。」と行った。ツェアシュテーラーは再びドクロの姿に変わる。どうやら彼は渡されない限り棒を手にすることができないようだった。怒ったツェアシュテーラーにグリムは4人がかりで戦いを挑む。四方からパンチやキックを繰り出し奴の動きを封じて行く。そしてマリーが背後から剣で刺すと苦しみ出したツェアシュテーラー。ケリーはツェアシュテーラーの腕を切り落とした。その時ニックが杖を手にすると棒はひとりでに杖にセットされる。完璧な状態となった杖。ニックはツェアシュテーラーに「欲しいか?やるよ。」と言って奴の胸を一突きした。ツェアシュテーラーは倒れ緑色に光っていた目は光を失った。そして口からは黒い煙を吐き死んだ。
グリムの力でツェアシュテーラーを倒すことができた。ニックはケリーとマリーに「なぜ窮地だと?」と聞いた。2人は「感じたの。テレサも感じたから戻って来た。我らは皆、グリムの末裔。祖先が埋めた棒は大いなる力の一部よ。守りなさい。」と言った。ニックは「道を誤らずにすんだ。」と感謝する。ケリーは「私の孫をよろしくね。良い名前ね。」と言いマリーと共に笑顔を向けてくれた。そこへトラブルが「倒したとはね。私ら2人だけでよくやったよ。」と言う。「2人?何を言ってる…」とニックが振り向くとそこにケリーたちの姿はなかった。トラブルには最初からケリーたちの姿は見えていなかったらしい。ニックは何となく状況を理解した後に「だが皆は戻らない。」と言ってアダリンドの死体に近づいた。杖を地面に放り投げアダリンドの手を取るとボナパルトが着けた指輪を外してあげた。
そこへ小屋からダイアナが出てきて「ニック、他の人は?別のグリムも戦ってた。」と言う。ダイアナにはケリーたちが見えていたようだ。ニックはその時ふと気づいた。「待てよ…皆生き返るかも。奴はこの杖でお前(トラブル)を…」と言うのだが異変が起こる。ツェアシュテーラーの死体が粉々の灰のようになりそれはぐるぐると舞い上がり始める。そして異界への入り口のようになっていった。杖はその入り口に吸い寄せられ、掴んでいたニックごと飲み込んでしまった。
次の瞬間ニックはモンローの家で鏡を突き破り転がっていた。
イヴと共に異界から戻って来た時と全く一緒のシチュエーション。激しく転がり戻って来たニックとイヴを迎える仲間たち。生きている仲間たちを見て驚くニックは駆け寄って来たアダリンドにキスをした。「皆生きてる…!」と喜ぶニック。アダリンドの手からはボナパルトの指輪が無くなっていて先ほどまでの出来事は夢ではないことが分かる。しかしイヴは全く知らない。生きているイヴを見てハグするニックはレナードやモンロー、そして駆けつけたウーとハンクを見て抱き付き大喜びする。やって来たトラブルともハグをするがトラブルも記憶はないらしく「悪い予感がしてたんだけど外れかな。」と言った。ニック以外は皆知らない…そう思った時ダイアナがイヴに「魔女に”戻った”。」と言った。「戻った?」と不思議がるイヴ。ダイアナはニックに「彼は来てない。死んだのね。もう怖くない。」と言った。ニックはそうだなと言ってダイアナを抱きしめ、息子の無事も確かめて喜んだのだった。様子のおかしいニックを皆は心配する。ニックは「もしかしたらもうみんなと…。本当にうれしいよ。バカげた話だけど異界にいた時戻れないかと思った。みんなを失う気持ちを味わったんだ。」と涙ぐむ。皆はニックを囲んでハグをした。するとモンローが「なあニック…。これはどこから…?」と聞いた。ニックが突き破って来たガラスの所には杖が置かれていたのだった。
ニックは杖を手にし、その後ツェアシュテーラーが現れることはなかった。20年後。成長したケリーとダイアナは森の中のトレーラーにいた。ダイアナは武器庫から杖を出すと「ママとパパとヴェッセン退治よ。三つ子も来る。」と言った。

ボブ江の感想

あ~終わっちゃいましたね…(´;ω;`)寂しいなあ。
最後は色々と詰め込んでくれてwケリー&マリーのおばさまコンビが出て来た時は驚愕でしたけれどw
マリーおばさん毛があったので最初誰か分からなかった…。
そしてウーやハンクが生き返らず嘘でしょ?嘘よね?と一人悲しんでいたのですが全て異界で起こっていた出来事だったのですね~。
異界の扉に吸い込まれこちらの世界へと戻って来るまでにツェアシュテーラーが見せた世界(現実でもあるけれど)と言う感じだったのでしょうか?全員死んじゃった…と思って悲しんでいたのであれが別世界で起こったことでほんとに良かったです~。
まぁ最後まで絶対全員死なないと信じておりましたけれども(´ω`*)
ツェアシュテーラーは力ずくでは棒を奪うことができない(手渡されなければ拾うこともできない)と言うことでしたが、相手に幻覚を見せ弱らせて自ら差し出すように持っていくということを今までもやって来たのかな。
『スーパーナチュラル』の天使は承諾がなければ人間の体に入れないって感じに似てますね。
色々な方法を試したり考えたりしたけれど結局最後はグリムの血に宿る力が最強だったのですよね。最強の武器である杖も手に入れ、ツェアシュテーラーを倒して、仲間たちも皆生きている。グリムらしい終わり方だったと思います。
ボナ爺につけられた指輪もうまいこと外してくれましたしねw
ほんとはトラブルの出自なんかも知れると良かったけど、ちょっと鉤爪あたりで本来の雰囲気から脱線してましたよね。
最後はグリムらしい雰囲気で終われて本当に良かった~。
成長したケリー&ダイアナは見れたけど、三つ子ちゃんも見せてほしかったなぁ~。それだけちょっと残念。
老けたニックやモンローたちも見たかったけどw
これでグリムが終わりなのは本当に寂しいです。完走された皆さまもお疲れさまでした。色々コメントいただいたりして楽しかったですありがとうございました!

今日の一枚
grimm6-13-1

grimm6-13-2

GRIMM season6(Final Season) ep13

海外ドラマ観るならHuluで「今なら2週間無料でお試し」

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - GRIMMグリム シーズン6

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. 沙羅樹 より:

    狭い場所で死体として転がっていて、周りでチャンバラをやっている状況って、俳優さんたちは恐怖なんだそうです。要するに踏まれるんじゃないかということです。何年か前のプラン9のお芝居で、そんな感じの場面があり、浅越ゴエ君が「怖かったぁ~」と話していた記憶があります(まあ、舞台自体が狭かったということもあるのでしょうけど)。

    ニックの息子のケリーはグリムンビーストですが、そのビーストの部分でダイアナが言う所の「弟もあなた(ツェアシュテーラー)が好き」という事なのでしょうか?さらに孫に至る場合、肝心要の血筋というのはどうなっていくのか、グリムの血は薄まらないのか、とくだらないことを考えています。

    最後に30カ国だかのことばで「ありがとう」と出ていましたが、そういったことをするのって『グリム』で初めて見ました。それだけの国々で放送されていたということですね。生真面目な感じもするし、『グリム』の俳優さんたちは皆、仲が良いので有名だったらしいですが、その雰囲気を最後まで持ち込んだという事でしょうか?

    • ボブ江 ボブ江 より:

      沙羅樹さん
      コメントありがとうございます!

      私も最後の各国へのありがとうメッセージ見て、こんなにたくさんの国で放送されてたってこと?とビックリしました。
      やっぱりアメリカ様は最強ですわね…(笑)
      俳優さんたち仲がいい感じしましたよね~。すごい雰囲気が良いのが画面越しでも伝わる感じでした。
      スパナチュもすごい仲良しなんですよね。観てて朗らかな感じがするドラマはみんな現場がそういう雰囲気なのかな?
      シカゴPDとかはギスギスした感じしますしねw
      まぁドラマの内容にかなりよると思いますけどもw

  2. 沙羅樹 より:

    最終回、前半は香港のギャング映画のように仲間や警官たちが皆殺しになって、棒も人間を生き返らせる効果がないということで、観ていて半泣き状態でしたが、最後はハッピーエンドとなり良かったです。最後に、「血に宿る力」がグリムの血筋のことであると気づき、ツェアシュテーラーを倒したのは綺麗にまとめたなあと思いました。これから少しの間、グリムロスに陥るのではないかと思っています。

    私は、ウーやハンクを始め仲間たちが殺されてしまったのは、異界においてではないと思っています。ツェアシュテーラーが人間の世界に来たことによって異界と人間界がシンクロしていたのではないかと思いました。ポートランドであって、ポートランドではない世界で、警官たちや仲間が皆殺しにされたのは、事実だったのだと思います。(半分)死者の国では棒は死者を蘇らせることができず、威力を発揮することが出来なかった。その代わり、グリムママとマリーおばさんは参戦できましたよね。

    『サイレントヒル』では、最後に霊界と現実世界が重なりあうシーンがあって、死んだ妻子の霊が家に帰還し、夫がその気配を感じるというシーンがあります。同じ自宅でも次元が違うので、両者は巡り合う事ができません。霊界の方はセピア色に着色がしてあります。

    さらに『スーパーナチュラル』でも、現世と霊界の狭間の世界に魂が囚われるという話において、そこでは現世と全く同じ様相をしているが時間がなく、ディーンとボビーが出会う事も可能でした。『グリム』でも、異界の時間の概念が人間界と違う、もしくは時間の観念がないということであれば、ニックは時間を遡って人間界に帰ってきたのだと思います。そして、グリムの祖先が守った棒は杖の一部としてニックたちが守っていくことになったという事ですね。

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

grimm6-3-2
GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン)  第3話『おお、警部!我が警部よ!』

GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン)のあらすじ 人間に代わりヴェッ …

grimm6-11-2
GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン) 第11話『異界』

GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン)のあらすじ 人間に代わりヴェッ …

grimm6-4-2
GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン) 第4話『エル・クエグレ』

GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン)のあらすじ 人間に代わりヴェッ …

grimm6-8-2
GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン) 第8話『命の日はまた昇る』

GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン)のあらすじ 人間に代わりヴェッ …

grimm6-1-2
GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン) 第1話『逃亡者』

GRIMMグリム シーズン6(ファイナルシーズン)のあらすじ 人間に代わりヴェッ …

  こんな記事も読まれています