ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

GRIMMグリム シーズン5 第18話『善の神髄』

   

 (2)

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ
母親、そしてジュリエットも失ってしまったニック。更にはトラブルまで連れ去られる事態に…。
自分とアダリンドの子供も出産を迎えニックはアダリンドとの奇妙な生活を送ることになる。
さらに警部とアダリンドとの子供であるダイアナを巡って王家とレジスタンスの対立が強まる中、更なる強敵が現れる!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

男の義務

バーから泥酔状態で出て来た男はそのまま車に乗り込むと運転を始める。当然ちゃんと運転できるわけもなくしばらく進むと木に衝突し大怪我を負ってしまう。ふらふらとしながら公園の方へ進んで行くと火を焚いたドラム缶の近くに2人の男がいた。酔っ払いは助けを求め、男の一人が通報しようとするが仲間が関わるなと言ったためどこかへ行ってしまった。男は血だらけになりながらその場に倒れ込んでしまう。そこへ何者かが近づいてきた。その者は酔っ払いのポケットから電話などを取り出すと草むらへと放り投げる。そして酔っ払いの足を掴んで引き摺って行った。
そしてある道路に酔っ払いを寝かせると「謝るよ。俺の義務なんだ。」と言って車に乗り込み酔っ払いを轢いた。その後もバックし再び轢くと車から降りて来て「助けてくれ…」と苦しむ酔っ払いの口から何かを吸い取り始める。その者はハゲタカのようなヴェッセンだった。
それからヴェッセンはトレーラーへとやって来る。中では音楽をかけ寄り添う2人の老夫婦。ヴェッセンはヴォーガするとその老夫婦に近づいた。

ぺしゃんこの遺体

翌日現場へやって来たニックたち。ウーは「こいつは前例がないほど奇妙な死体だ。どうも骨が残っていないようだ。」と言った。遺体を見るがぺしゃんこでまるでゴム人形が横たわっているようだった。遺体の指を引っ張り指紋を取ろうとするウーだがゆがんでしまいうまく取れない。「指まで骨なし♡」と真顔でおどけてみせる。
署に戻って調べてみると他にもぺしゃんこ遺体が出ていると分かる。カリフォルニアで3件ほど出ており”犯人”が北上しているのだと考えられた。そこへウーがやって来て「”締め上げて”何とか指紋が採れた。被害者はケヴィン・サレスキー。逮捕歴あり。飲酒紊乱2件、立小便、飲酒運転3件。そのうち直近の1件は故殺になったが検察の不備で無罪に。昨夜は衝突事故を起こしてた。ディーカム公園だ。」と言う。遺体の発見現場と事故現場は離れている。ニックたちは事故車を見に行くことにする。現場を保全してくれていたフランコに話を聞くとケヴィンを見たと言う目撃者がいるとのこと。それはハンクも知っている公園をねぐらにしている若いホームレスのピンクロン、通称ピンキーだった。ハンクはピンキーと話をしケヴィンに会ったドラム缶の所まで連れて行ってもらう。その時茂みから着信音が聞こえる。見てみると携帯電話やケヴィンの財布などがあった。お金が盗まれていないため物取りの犯行ではないのだということは分かった。とりあえず検視官に話を聞こうと言って向かうことに。検視官の話によると「全身の骨が溶解してなくなってる。検出した大量のキチナーゼが原因かしら。コウモリなどが持つ消化酵素よ。他の検出物は大量のアルコールだけ。」ということだった。ニックはケヴィンの口の周りに付いているパンくずのようなものは何なのかと尋ねた。検視官は「溶けた骨の一部だと思うわ。」と答えニックは「つまり…全身の骨を口から吐き出したのか?」と驚く。検視官は「あり得なくはないけど非現実的過ぎるわ。」と言った。

餌を与える親鳥のごとく…

先ほどハンクたちに協力していたピンキーだがもめ事が起こったようで銃で撃たれてしまう。苦しそうに血を吐いて倒れるピンキー。そこへ例のヴェッセンが現れる。ヴェッセンはピンキーの持ち物を茂みに投げると「謝るよ。本当にすまない。義務でなきゃこんなことしない。」と言ってピンキーを引き摺り車に乗せて人目のつかない場所へ行くとケヴィンの時と同じようにピンキーと車で轢いた。そして終わるとまたトレーラーへとやってくる。老夫婦は男を見ると「チャーリー」と言って嬉しそうな顔を見せる。どうやらこの老夫婦は両親らしい。老人は「腹が減った。」と言う。チャーリーは「分かってる。」と言うとヴォーガ。両親もヴォーガして口を開けて待っている。チャーリーは口から出した管を両親の口に入れると”餌”を与えているようだった。

スポンサーリンク

死の匂いを嗅ぎつけるヴェッセン

翌朝連絡が入り現場へとやって来たニックたち。ケヴィンと同じくぺしゃんこになったピンキーの遺体とご対面となる。ハンクは「運ばれてきたな。こいつは公園を離れない。」と言う。ニックは「全く同じだな。犯人は公園で獲物を見つけ連れ出して轢いてる。どんな奴か調べないと。」と言いスパイス店へと向かう。
ロザリーは本を見て「”死を求め戦場や救貧院スラムを渡り歩く種族”」と言い、犯人がバルバトゥス・オシフラガと言うヴェッセンであると分かる。致命的な傷を負った者を狙い、死の匂いを嗅ぎつけるらしい。ロザリーが「骨を砕いて吸引するため死体を高所から落としてる?」と聞く。ハンクは「車で轢いてる。」と答える。モンローは「代用法なんだろうな。街には崖がないから。」と言った。ケヴィンもピンキーも公園付近で狙われたことから犯人はその辺りをあさり場としているのだろうということで誰かが死にかけのフリをしておびき出そうということになる。バルバトゥス・オシフラガは血液の匂いに惹かれるとのことだが、”切迫した死の匂い”も必要らしい。それはロザリーが薬品で作り出せると言ってくれた。モンローが「あとは死体役だな。立候補者は?」と聞く。するとみんな一斉にモンローに視線を送る。モンローは「よせよ。俺はすでに一度やってるだろ?」と嫌がるが結局モンローが死体役をやることになった。

皮肉な最期

トンでもない悪臭を放つ薬を作ってくれたロザリー。モンローたちは公園へ行きその死臭を服に吹きかけた。モンローは地面に横たわって死体と化す。ニック、ハンク、ウーは木に隠れて犯人が現れるのを待つことに。しばらくするとチャーリーがにおいを嗅ぎつけてやって来る。だがウーの背後にゴミ箱を漁る犬が…。犬はウーに威嚇を始めた。するとウーの顔はウニョウニョと動き始め明らかに”人”ではない姿にヴォーガしてしまった。そのまま犬を追いかけて行ってしまう。勢いを制御できず転んだウーはその拍子に頭をぶつけ額から血を流して倒れてしまった。
一方においを感じモンローに近づくチャーリーだが、新たなにおいを嗅ぎとった。スーっスーっと大きく鼻を動かすと踵を返して行ってしまう。ハンクは「犯人か?食いつかなかった…」と言いニックも良く分からない状態に陥っていた。だがウーがいないことに気付く。ニックたちはウーを捜すがウーはチャーリーに引き摺られ連れていかれてしまっていた。
ウーの警察バッジを見つけたニックはハンクを呼びウーが犯人に捕まったと知らせる。その頃チャーリーは道路までウーを運びながらなぜ自分が親のために”餌”を獲らなければならないのかと小言を言っていた。それでも「謝るよ。不本意だが義務なんだ。」と言うと車に乗り込みエンジンをかけた。チャーリーが車を発進させるその時ニックたちが前に立ちはだかる。チャーリーは車から出て逃げ出すがしばらくすると振り返りヴォーガして見せる。だがニックもハンクも驚かない。ニックは「ああ。バルバトゥス・オシフラガだな。知ってる。」と言う。チャーリーは驚いた様子で再び逃げ出すが、そこへやって来たトラックに轢かれて死亡してしまった。
ニックたちは両親のトレーラーへ行き息子の死を知らせ遺体安置所に来てもらう。両親は「家族だけにしてくれ…」と悲しみニックたちに部屋から出て行ってもらうと「この死を無駄にできないわ…。」「そうだな。この子も望んだはず。」と言って二人でチャーリーの遺体を貪っていた…。

ボブ江の感想

死体役のモンロー置いてけぼり(笑)そしてトラックの運転手に臭がられるww
車で轢いてた人が轢かれて死亡とは何とも皮肉な最期でしたね。息子の死を無駄にしないために遺体にがっつく両親もたくましいw
もう何だかな~のヴェッセンでしたね。
そーしーてー!もうウーさんがヤバイ!あれ…オオカミに感染したと思ったけど見た目ゴリラみたいでしたよね?wwどうなるんでしょ。早くニックたちに相談してほしいですね。後戻りできなくなりそう…。
それからアダちゃんがダイアナと感動の再会でしたね♡でも鉤爪に操られての再会ってのが嫌ですよね~。アダちゃんもニックから警部が鉤爪と繋がってると聞いてた訳ですがダイアナを出されたら言いなりになりそうですよね。今後どうなるのか…心配ですね。
そしてハンクのお相手となりそうな?ズーリはなぜ今さら出て来たのか…?今後何かに関係するのかしら…。
ズーリはS3の第10話『見守る眼差し』に出て来たハンクの理学療法士だった女性ですね。身内が攻撃されると相手の喉元に噛みつくと言う習性もお持ちなので、もしかしてハンクとカップルになったらハンクを守ってくれる人になったりとか…?

今日の一枚
grimm5-18-1

grimm5-18-2
GRIMM season5 ep18

海外ドラマ観るならHuluで「今なら2週間無料でお試し」

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - GRIMMグリム シーズン5

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. 沙羅樹 より:

    今回のヴェッセンはちょっと、気味が悪かったです。
    ハゲタカと蝙蝠やハエの合体したもののようですね。映画の『フライ』で、食べ物を溶かして吸い上げるという食べ方を主人公が説明する所があります。
    ウーさんの喉からは毛玉が出てくるし、おそらく森で野ウサギか野ネズミを狩ったのでしょう。それから、ロザリーが調合したあの薬。濃厚チーズと言っていましたけど、ニックたちがうっかり薬の調合中に扉を開けて、ほぼ同時に顔を背けて回れ右をしたのに笑えました。

    私はズーリは何か怪しい感じがするんですけど…。鉤爪に属していて、警察を外から中から探っているのではないでしょうか。疑り深すぎるでしょうか。
    アダリンドが拉致されるとき、レナード警部に向かって “You, bastard!!” (人でなし)と叫びましたが、それに対する警部の “I know” という返事が意味深でした。警部はそもそもbastard(私生児)ですからね。ww..

    • ボブ江 ボブ江 より:

      沙羅樹さん
      コメントありがとうございます!

      軽くグロいヴェッセンでしたね。
      でも親に餌を与えるシーンの時、私の頭の中では巣でピーピー鳴いて待っているヒナにいそいそと帰って来た親鳥が餌を与えてるという美しい構図に勝手に変換されてましたww
      現実から目を背けたかったのかもしれません(笑)

      ウーさん心配ですよね…。ネズミだかウサギだかを食べたとしてそれが犬になりそれが人間になり…と獲物がどんどん大きくなって行ったら辛いですよね。
      ヴェッセンの事情も知っているのだから早くロザリーなりにでも相談してほしい…。心配です…。

      ズーリはもしかして鉤爪サイドかもしれませんね…。元々弟は影響されやすい子だったから弟を人質にとられて…みたいなこともあり得ますよね。
      今さら出て来て一体何をするつもりなのか…。強いヴェッセンですからニックたちの仲間になってくれたら嬉しいですけどね。

      警部はゲーム・オブ・スローンズで言う所の落とし子ってやつになるかと思うと、なんかカッコイイですねw
      人でなしでもあり、落とし子でもあるから“I know” と言われてしまったら何も言えねぇ…状態ですね。

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

grimm5-14-2
GRIMMグリム シーズン5 第14話『ライカンスロープ』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-11-2
GRIMMグリム シーズン5 第11話『鍵の目印』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-1-2
GRIMMグリム シーズン5  第1話『グリム・アイデンティティー』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-16-2
GRIMMグリム シーズン5 第16話『信じる者たち』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-8-2
GRIMMグリム シーズン5 第8話『ダイヤモンド湖の怪物』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

  こんな記事も読まれています