ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

GRIMMグリム シーズン5 第12話『明かされたもの』

   

 (4)

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ
母親、そしてジュリエットも失ってしまったニック。更にはトラブルまで連れ去られる事態に…。
自分とアダリンドの子供も出産を迎えニックはアダリンドとの奇妙な生活を送ることになる。
さらに警部とアダリンドとの子供であるダイアナを巡って王家とレジスタンスの対立が強まる中、更なる強敵が現れる!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

前回のS5第11話『鍵の目印』の続きになります。100話記念エピソードです。

マールワンを追うイヴ

ディクソンが撃たれた広場は混乱していた。ウーとハンクは怪しい人物がいないか目を光らせながら人混みをかき分ける。そしてハンクが狙撃は隣接するビルからだと気づきすぐにウーを連れて向かう。入り口に警官を立たせ誰も出ないように監視させ、2人は階段で上階へ向かった。だが部屋の扉を開けても殺された住民が倒れているだけでマールワンはいなかった。ハンクは「ビルから出ていないはず。屋上だ。俺は追う」と言って屋上へ向かった。だがマールワンはすでに逃げていて屋上にもいない。ハンクは一体どうなってるんだという顔を見せた。
その頃マールワンはビルの壁をまるで忍者のように器用に下りてきていた。だがその姿をイヴが監視。彼の後をつけ始めた。
立ち止まりどこかへ電話するマールワン。イヴは魔力を使って通りすがりの自転車の男性を操りマールワンに激突させた。そして駆け寄った一般市民を装ってマールワンに近づくと彼の携帯を盗み更にヴォーガして彼に煙のようなものを吸わせて昏睡状態に陥らせた。

地下墓地を掘り起こすニックたち

仕掛けを予期せず動かしてしまったことで地中深くに落下してしまったニックとモンロー。骨折などもなく何とか無事だった2人。自分たちの持つ明かりだけが頼りの真っ暗な空間。モンローは「洞窟か何かか?」と言った。だが辺りをよ~く照らしてみると無数の骸骨がありここが地下墓地であるとわかった。「ここは教会だったんだ!」と言うニック。モンローは「ただの教会じゃない。地図に載ってたやつだ!隠すなら絶対ここだ!」と喜んだ。2人はきっと”埋めた”はずだと言って持ってきたシャベルで穴を掘り始めた。だが何もない。モンローはブツブツ文句をいいつつも「考古学も人類学も存在しない時代だ。”歴史”は学問でなく多くの血で築かれた現実だった。だから考えるに…彼らのように思考しないと。」と言った。ニックもそれなりに考えてみる。800前、人はこんな場所に来たがらなかったはずだと言うとモンローは「遺骸の奥に隠す方が単に石の下より安全だったのかも。」と言った。2人は地面を掘るのをやめ、今度はたくさんある人骨の奥を探すことにする。だが何も見つからない。2人は更に考えを巡らせ色々と思案する。するとニックが自分たちの持っていたライトに注目した。「ここでは明かりが必要だ。明かりが逆に目の妨げになってるとしたら?」と言った。2人は持っていた明かりをすべて消した。真っ暗闇に包まれる地下墓地。すると暗闇の中ボーッと浮かび上がる7つの骸骨を見つけた。それは円のようなGのような形を成していた。モンローは「グリムのG。7人の十字軍騎士か。」と言った。明かりをつけてみるとたくさんの頭蓋骨に埋もれ、7つの頭蓋骨だけは奥を向いている。2人は奥に何があるのか確認するため頭蓋骨を1つずつ下ろしていく。すると中からは盾が現れた。

黒い森に隠されていた物

ニックとモンローは盾を外した。中からは両手で持てるくらいのサイズの箱があった。下におろして確認してみる。「青銅か?」とモンローは言った。よく箱を見ると鍵穴が7つ。2人は持ってきた5つの鍵がはまるかどうか確認してみる。一つ目は回らない。だが試していくうちに1つ回った。この箱が例の7つの鍵で開く物であると確信。2人は興奮し、特にモンローは歴史的瞬間だとまくしたてていた。だが鍵穴は7つ、持っている鍵は5つ。ニックは「あと2つは解錠ピックで。」と言った。だがキーピックを持ってきていないため2人は箱を持ってポートランドへ戻ることにする。落ちた穴からは戻れないのでどこかに出口があるはずだと探す。すると階段がありそこから出られそうだった。出口は瓦礫で塞がっていたが2人はシャベルで少しずつ掘り進める。
地面からニョキっと顔を出したモンローは「外だ。」と言って這い出て来た。ニックも引っ張り上げ無事に脱出することができた。だが森には沢山のライトが動いている。様子を窺っていたニックは教会の司祭たちが自分を捜しているのだと気づく。そして司祭たちが穴を発見しそれに気をとられているうちに車へと急ごうとするがやって来たヴェッセンに襲われてしまう。モンローは腕を噛まれるが先を急ぐことにする。しかし車の所にも見張りがいたため、ニックはモンローにヴォーガして仲間のフリをしあっちにグリムがいたと言えと言った。「暗いしグリムの連れがブルットバッドとは思わないだろう」と言われ納得したモンローは言われた通り敵を欺いた。2人は車に乗り込もうとするが少しでも追手が来るのを遅らせようと敵の車のタイヤを1つずつパンクさせてから逃げた。

スポンサーリンク

戻って来た魔力?

スパイス店でニックたちの帰りを待つロザリーとアダリンド。だがそこにロザリーに手紙を送ったり電話をしてきていたトニーが現れた。トニーは「助けがいる。」と言うがロザリーはもう昔の自分ではない、抜け出したと言って断る。「貸しがある。俺は監獄に入った。ヤクを盗んでやった!5000ドル要る。それくらいあるだろ?この店なら。儲かってそうだ。」と言うトニー。「今すぐ帰って。」と言うロザリーに腹を立てたトニーは薬の瓶を投げつけて割る。「怒らせない方が身のためだぜ。」と言って店の薬瓶を次々に破壊して行く。止めに入るロザリーを殴り「借りを返せ!」と怒鳴った。そこへ奥からアダリンドがやって来て止める。トニーはアダリンドに「金はあるか?」と言ってフンコロガシのような姿にヴォーガし詰め寄る。すると突然アダリンドのお腹に痛みが走った。アダリンドのことも殴ろうとするトニー。しかし寸前で手が止まると指が1本ずつ逆方向に曲がって行く。トニーは苦しみの声を上げ店から飛び出して行った。アダリンドは「嘘でしょ…。そんな…どうしよう…。嫌よ。力なんて取り戻したくない。」とヘクセンビーストの力が戻りつつあることにうろたえる。何とかおちつかせようとするロザリーは「あなたは変わったわ。状況は違うかも。」と言うがアダリンドは「ヘクセンビーストになったら体も考えも気持ちも変わってしまう。危険だわ。」と言う。ロザリーは「抑制薬について調べる。」と言った。

標的ではなく…

マールワンの携帯電話を持ったイヴはHWの本部へ戻る。そこでSIMをコピーして黒幕や関係者が誰なのかを調べようとした。
そしてそれが調べ終わるとマールワンの運ばれたオーバートン病院に行き、そっと携帯を私物入れに返した。そしてマールワンの顔を覗き込むとヴォーガしマールワンの顔の前で手をスッとスライドさせた。そして足早に去っていきマールワンは目を覚ました。
本部に戻ってマールワンの携帯の監視をしていると通話開始のアラームが鳴った。イヴやマイズナーは会話を盗聴し相手が何者かどこにいるのかを探ろうとしていた。そして電話の男が病院にマールワンを迎えに来るとわかりイヴたちはわざと泳がして相手の場所に案内させようとする。
だがその頃警部のオフィスに「マールワンはオーバートン病院にいる。」と言うタレこみの電話が入った。掛けたのはルシアン。どうやらマールワンは用済みになったらしい。警部はハンクとウーを連れて病院へ向かう。病院の前で車を待っていたマールワンだがハンクたちを見て逃げ出す。だが逃げ出した先には警部が待っていた。ヴォーガし警部に襲い掛かるマールワンだが警部もヴォーガし2人は取っ組み合いになる。激しい闘いの末マールワンは死亡。友人の仇をとった警部だが、信号をモニタリングしていたマイズナーは「計画が台無しだ」と怒っていた。
ハンクにマールワンの髪色が変わっていて一見分からないのにタレこみの電話が入るなんておかしい、罠ではと言われた警部。署に戻るとディクソンが撃たれた時の映像を繰り返し確認していた。すると直前に電話に出ていたレイチェルがチラリと狙撃方向を見上げていることに気付いた。考えながら駐車場に向かう警部の前にマイズナーが現れ作戦が台無しになったと文句を言った。警部は先に言えとごもっともな返しをするがマイズナーは「まさか殺すとは。どうして奴があそこにいると知った?」と言う。タレこみがあったと警部が答えるとマイズナーは「できすぎだよ。ハメられたんだ。”鉤爪”さ。長期の作戦もムダに…全く口惜しいよ。皆にとってな。」と言って去って行った。自宅に戻った警部の所にレイチェルがやって来る。警部はレイチェルにキスをすると「今夜はラフプレーだ。」と言って彼女を掴みヴォーガした。だがレイチェルもヴォーガする(ヴェッテン・オーゲン:ヤマネコ型っぽいですかねぇ?)。「誰の下で働いている?」と警部が聞くとレイチェルは「人生が変わる組織よ。」と答えその後ルシアンがやって来た。ルシアンは「街一番の権力者にしてやろう。足掛かりとしてな。」と警部に言う。そしてレイチェルに見せろと言った。レイチェルは手にしていたポスターを開く。それは”レナード”と書かれた選挙用のポスターだった。

グリムの秘宝、御開帳

何とかポートランドに戻って来たニックとモンローはスパイス店へやって来た。抱き付いて帰還を喜ぶロザリー。モンローも彼女をぎゅっと抱きしめた。だが噛まれた傷がだいぶ痛むようだった。
ニックは地下にみんなを呼び例の箱の鍵が無い部分をキーピックで開けた。残る5つをニック、モンロー、ロザリー、ハンク、ウーの5人で開ける。歴史的な瞬間にドキドキしながら開ける5人。だが無事に解錠できたが蓋は開かない。「なんでだ?鍵は全部回ったぞ!」とモンローは怒る。するとハンクが「蓋の周りに何かある…」と言う。ウーは「密封剤かな…」と言った。「グリムの秘伝の密封剤か?」と言っているとモンローが「お前の血はアダリンドの力を奪ったよな。だからもしかして…」と言う。ニックは自分の指をナイフで切って血を蓋の周りに付けてみる。すると蓋はプシューッと音を立て煙のようなものを出した。反応があったことで皆がニヤニヤし始める。ニックが蓋を開け、いよいよ800年間眠っていたグリムの秘宝とご対面。中には布に包まれた何かが入っている。慎重に布を外していくと中から出て来たのは”棒きれ”だった。これには全員が難しい顔になる。「ただの棒きれ?」「ただの棒を埋めるわけがない。」「知恵の木の枝とかじゃ?」「エデンの園でイヴが実をとった木?」と口々に言っていた。モンローは「地球を半周し命懸けで捜し出したのは人間の運命を一変させた木の枝?」と言う。ニックたちも「これが地獄の門になるとしたら戻さないと」と言っていた。その時ウーが布に何か書いてあることに気付くが、ほぼ消えているし見たことのない言語だった。モンローにどうだ?と聞くがモンローの様子がおかしい。噛まれた傷により敗血症を起こしたようで気を失ってしまう。ショック状態となり救急車を呼んで何とかしようとするが間に合わないから病院に連れて行こうとロザリーが言った。ニックとハンクがモンローを持ち上げるとニックが「待て!」と言う。何故かモンローの深い傷が修復されて行っている。モンローの傷を負った腕を握っているのはニックだがそこには例の棒きれも握られていた。傷はみるみる治って行きやがて何もなかったように完治。モンローの意識も戻り元気になった。「何が起こった?」と驚くモンロー。ニックは「これだ…。」と言って棒きれを見つめた。

ボブ江の感想

100話目エピソード!ふぅ~っ!みたいな盛り上がり方ではなかったですが、ついに隠された秘宝が判明しましたね!
棒きれが出て来た時の反応だとか、それを知る前のみんなのテンションの上がり方とか良かったですよね。結局棒きれは並みの棒きれではなくどんな傷も癒すと言う感じの棒きれなんですね~。すごいな。それがあったら不死身状態になるのかもしれませんね。これは古の戦場で役に立った一品なのでしょうか。たしかにこれを巡ったら戦いが起きそう。ニックたちはこれをどうするでしょうかね?来る戦いに使うのかな。
そして標的かと思っていた警部ですが、そうではなく勧誘でしたね。警部をポートランドの権力者にして陰で鉤爪たちが征服していくという筋書きのようですが警部どうするんでしょう。あの昔コインのエピソードありましたでしょ?あれを手にした時の警部もヤバかったけどあんなふうになるのかなと思うと心配ですよね。正しい判断を下してくれることを願います。
で、やっぱりあのレイチェルって女は鉤爪の一員でしたね。
そーしーてー!アダちゃんの力が戻りつつあるとは…。これは辛いですね。でも戻ってもニックの血を飲ませたらよくないですか?え?二度目は効かないとかそんなことあります?
せっかく安定しつつあった私生活なだけに、もしアダちゃんがヘクセンビッチに戻ったらダメージありますよね。ケリーもいることだし何とか策がありますように!
あと思ったんですけど…。司祭はブルットバッドなのに肝心な時に鼻が利かないんですね(笑)

今日の一枚
grimm5-12-1

grimm5-12-2
GRIMM season5 ep12

海外ドラマ観るならHuluで「今なら2週間無料でお試し」

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - GRIMMグリム シーズン5

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. かり より:

    せっかくヒールからベビーに変わったアドリンドにまさかのヘクセンビースト復活のお印。
    抑制するには、魔女(ヘクセンビースト)の死体が必要なんですね。
    なんだか、元ジュリエットのイヴが死んで、その遺体で抑制薬作っちゃうフラグなんじゃないかと深読みです。

    • ボブ江 ボブ江 より:

      かりさん
      コメントありがとうございます!

      アダちゃん戻って欲しくないですよね~。
      必要な魔女の死体がイヴのだったらヤダな~と思うんですけど、
      もし他の魔女の死体が手に入るならアダちゃんもイヴも治せばいいじゃないって考えましたがそれはそれでニックがややこしいことになりそうですよね(;´∀`)

  2. 沙羅樹 より:

    警部は幼いころ王家から迫害されて母親と逃亡生活を送った人ですよね。だから子供の頃は王家の端くれとして、王の様に偉くなりたいと思ったかもしれません。見たところ誘惑には弱いようですし、ポートランド市長(ポートランドのトップ(王))になりたいと思うかもしれませんね。

    グリムの7人の騎士ではないけれど、チームニックは5人。あの棒はポートランド再生に使われるのか?ヴェッセンが支配する開きかけた地獄の門を完全に開ききる前に閉じるための蝶番なのか?想像(妄想)が膨らみます。

    • ボブ江 ボブ江 より:

      沙羅樹さん
      コメントありがとうございます!

      やっぱり愛人の子ってのはだいたいドラマではひねくれて描かれたりとかありますけど、警部も御多分に洩れずという感じがあるかもしれませんね。
      心の奥底では認められたいと言う気持ちや野望みたいのがありそうですしね。
      でも道を誤ってほしくないな~。仲間入りしたと見せかけて実は鉤爪を利用してるって感じがイイですよね。
      それなら内部事情も分かりますし。

      あの棒きれ…。すごい代物でしたね!みんなが棒きれ出て来た時微妙な顔になってましたけど、私もそうなってました。
      でもとんでもないものだとわかり、これからあれはどう活用されるのか楽しみですね。
      鍵から一気に昔のグリムっぽくなり面白くなってきましたし。

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

grimm5-2-2
GRIMMグリム シーズン5 第2話『今そこにある危機』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-7-2
GRIMMグリム シーズン5 第7話『再会』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-8-2
GRIMMグリム シーズン5 第8話『ダイヤモンド湖の怪物』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-3-2
GRIMMグリム シーズン5 第3話『ロストボーイズ』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

grimm5-9-2
GRIMMグリム シーズン5 第9話『古代の儀式』

GRIMMグリム シーズン5のあらすじ 母親、そしてジュリエットも失ってしまった …

  こんな記事も読まれています