ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

GRIMM グリム シーズン2 第9話『泣き女』

   

 (0)

グリムシーズン2のあらすじ
死んだと思っていた母親が生きていた!
母親始め新たな仲間を得たニックはますますグリムとしての腕を磨いていくことに。そしてニックの持つ鍵を狙う王家との対決や今まで謎だったレナード警部の正体も明らかになる…
だが昏睡状態だった最愛のジュリエットにも新たな危機が…

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

7月28日よりスーパー!ドラマTVでシーズン3が放送開始です

白いドレスの女

幼い息子ラファエルを連れて釣りに来ていた男は女の泣き声に気付く。そちらの方を見てみると白いドレスを着た女が泣きながら川に入って行くところだった。自殺と思った男は慌てて女性の所へ向かい川に飛び込み助けようとする。だが川に沈んだ女の姿が見つからない…必死になって捜すも見つからずふと川岸の方に目をやると白いドレスを着た女はラファエルの手を引いて去っていくところだった。男は急いで女を追いかけるが見失ってしまう…

スペイン語の通訳は…

連絡を受けたニックたちは直ちに捜査を始める。川の近くにいた若者が偶然撮っていたムービーにラファエルの手を引いた女の姿が映っており、その女の行方を捜すこととなる。そして父親のルイスはスペイン語しか話せず、詳しく話を聞こうにも皆言葉が通じないので困っていた。そこでニックはスペイン語が堪能なジュリエットに通訳を頼むことにした。ジュリエットを介して話しを聞くニックたち。父親は早く探しに行かなくてはと焦っているが、何とかなだめつつ情報を聞き出す。だがルイスの妻はもう他界しており、恨みを持たれるようなこともしておらず連れ去った人物にも心当たりがないということだった。ニックたちはとりあえずルイスを連れて彼の自宅へ向かうことになる。

ラ・ジョローナ

ルイスの自宅に着いたがやはりラファエルはいなかった。そこに近所の女性がジュリエットに話しかけてくる。犯人を知っていると。それを聞いたルイスは彼女が知る訳がないと言うが、一応話を聞いてみることに。その女性は「ラ・ジョローナ(別名泣き女)という幽霊は子供を奪って溺れさせる。その泣き女に連れ去られた」と言った。ルイスはそんなのは迷信だ。あるわけがないと怒る。ハンクも「幽霊はありうるか?」と聞くがニックは「聞いたことがない」と答えた。ひとまずはラファエルの写真を元に近所に聞き込みを開始することになる。家に残された女性はジュリエットの手の傷(アダリンドの猫マジークにつけられたやつ)を見て「大変だわ…」と言う。何でもないわ。猫につけられたのよと言うジュリエットだが女性は「重病を患ったはずよ。でも記憶が無い。私の話を信じなさい」と傷が仕組まれていた物だと言う。ジュリエットは突然の話に戸惑いを隠せなかった。

スポンサーリンク

泣き女を追う女

署にアルバカーキの刑事でこの事件の情報を持っているというエスピノーサという女性が現れる。前からこの容疑者を追っているという事で今まで5州で同様の事件を起こしているということだった。そしてエスピノーサ刑事が言うには「ラファエルが一人目なら今日中にあと2人連れ去られる。朝までに全員殺されるわ」と言った。ニックたちは彼女から今までの事件をまとめた資料を見せてもらい詳しく話を聞いた。そして複数の証言から作った泣き女の似顔絵を見てムービーに映っていた女と一緒だと話すとエスピノーサは動画があるの?見せてと言う。ニックがその動画を見せるとエスピノーサの目が金色に変わる。ニックはそれに気が付いて少し動揺してしまった。だがエスピノーサの方は何も気が付かず話を続けた。犯行はハロウィンの午前0時くらいに行われていること、川の合流点近くで誘拐し殺害していることがわかっていることだった。

エスピノーサの正体

エスピノーサの言葉通り更に子供がさらわれてしまう。現場へ着いたニックたちは目撃者の話を聞こうと言い対策を考えようとしていた。そこにレナード警部がやって来て驚きの話をする。エスピノーサは元刑事で3年前に免職されていた。そして刑事として振舞う事から職権詐称でFBIから追われている身であると告げられた。エスピノーサは「今は時間がありません」と言いハンクも「二人目の誘拐を予測できてましたし…」と擁護しようとするがレナード警部は「連行しろ」と言って去って行った。エスピノーサは激昂して青紫色のジャガーのような姿にヴォーガする。それを見てニックは「自重しろ」となだめる。それを見たハンクは「ヴェッセンか?種類は?」と聞く。ニックは「さあな」と答えるがエスピノーサが「バラームよ。あなたはグリム。私を殺すつもりね?」と言う。ニックは怒って「君のことなんてどうでもいい。子供を助け出したいんだ!」と言う。ひとまず署に連れて帰り警部がエスピノーサの尋問をする。彼女は5年間泣き女を追っていた。そしてこの事件に執着しすぎて免職になったということだったが甥が犠牲者の一人だったのだ。事件当日甥と一緒にいて泣き女の泣き声を聞き、その隙に甥が誘拐されてしまったということだった。その話を聞いても警部は「もうFBIの管轄だ。とにかく君は拘束する」と言った。

川に消えるラ・ジョローナ

エスピノーサの話は正しいと信じているニックとハンクはトレーラーで何かヒントはないかと調べていた。すると本にラ・ジョローナの記述が…目撃談などは書いてあるがそれが一体何者なのかどのように対処するのかは書かれていなかった。なす術のないニックたちは署に戻りエスピノーサに協力させることになった。外に連れ出すと新たに誘拐事件が発生したと無線から聞こえる。ニックたちは例の三角地帯で誘拐が起こるというのは間違いなかったとわかったが、一体どこで殺害を行うのかと考えていた。そこで本の記述にあった”川の抱擁”と言う言葉通り川の合流地点ではないかと推測して3人は急いで向かう。するとそこではちょうど水に向かって歩き始める泣き女と子供3人の姿が。ニックたちは走って駆け寄りニックは泣き女にタックルし川の中へ。ハンクとエスピノーサは子供たちを保護した。川の中で化け物と化した泣き女と揉み合いになり引きづり込まれるニックだが何とか形勢を逆転し泣き女の首に手をかける。すると泣き女は普通の女の姿に戻り川の底へと消えていってしまった。子供たちは無事に救出したが泣き女はどうなったのかわからないニックたち。エスピノーサは「答えはまた来年と言うわけね」と言った。

今回はハロウィンの日という設定での出来事でした。ラ・ジョローナっていうのはオカルトファンの方なら知っているかもしれませんね。私もこれを題材にした映画を数本見たことがあるのでピンときましたが…
そして話の合間の息抜き?としてモンロー先生のハロウィンライフが描かれていましたね。気合い入れまくってデコレーションしまくりのモンローさんが可愛すぎる…そして悪さした子供にしたお仕置きも素敵すぎる…

今日の一枚
grimm2-9-1

grimm2-9-2

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - GRIMMグリム シーズン2

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部



Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

grimm2-19-2
GRIMM グリム シーズン2 第19話『絶滅危惧種』

グリムシーズン2のあらすじ 死んだと思っていた母親が生きていた! 母親始め新たな …

grimm2-18-2
GRIMM グリム シーズン2 第18話『憤怒』

グリムシーズン2のあらすじ 死んだと思っていた母親が生きていた! 母親始め新たな …

grimm2-6-2
GRIMM グリム シーズン2 第6話『死を乗り越えて』

グリムシーズン2のあらすじ 死んだと思っていた母親が生きていた! 母親始め新たな …

grimm2-14-2
GRIMM グリム シーズン2 第14話『ナチュラル・ボーン・ヴェッセン』

グリムシーズン2のあらすじ 死んだと思っていた母親が生きていた! 母親始め新たな …

grimm2-17-2
GRIMM グリム シーズン2 第17話『一人の怒れるフクスバウ』

グリムシーズン2のあらすじ 死んだと思っていた母親が生きていた! 母親始め新たな …