ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

ゲーム・オブ・スローンズ 第5章:竜との舞踏 超まとめ② 第6話~第10話(シーズン最終話)

   

 (0)

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

主な登場人物(写真入り)はコチラ

相関図&勢力図はコチラ

各エピソードのあらすじはスターチャンネルさんから引用しています

第6話『父の仇』

流れ着いた島で奴隷商人に殺されそうになったティリオンは、ジョラーを百戦練磨の戦士だと誇張し、一緒にミーリーンの闘技場に連れて行くよう奴隷商人を説得。ウォーター・ガーデンに辿り着いたジェイミーとブロンは、父オベリンの仇討ちを誓うサンド・スネークに襲われる。一方、ウィンターフェルではラムジーとサンサの婚礼がとり行われていた…。

●王都に戻ったベイリッシュはランセルに会い街は大きく変わったと言われ軽く脅される
●ベイリッシュはサーセイにサンサはウィンターフェルにいてボルトンが息子と結婚させるつもりらしいと吹き込む(自分が企んだのにね)
●力を貸すから自分を北部総督にしろとサーセイに言うベイリッシュ
●ロラスの投獄を聞き怒ったオレナはサーセイに抗議。サーセイは私がやったんじゃなくて正教がやったのよと言う
●ハイ・スパローに審問に掛けられるロラス。自身の男色を否定するが男娼のオリヴァーの証言により投獄
●兄を庇って偽証したマージェリーも投獄されることに
●サンサとラムジーの結婚式が行われる
●初夜を迎えたサンサだがラムジーの暴虐開始。ラムジーはシオンにそこで見ていろと言う
●シオンが見ている前で乱暴に抱かれるサンサ

【海の向こう】
●黒と白の館で死体をキレイにする仕事を続けるアリア
●ジャクェンに「お前は何者だ?」と問いかけられ更なる修行を積む
●病気で苦しむ少女を父親が連れて来る。もう手の施しようがないと聞いたアリアは「私も病気だったけどこの泉の水を飲んだら治った」と嘘をつき少女に泉の水を与えた。少女は静かに息を引き取った
●ジャクェンはキレイにされた死体が運ばれる先にアリアを連れて行く
●そこには幾多の塔のような物が建っていてその中には人間の顔がたくさん飾られていた
●ジョラーはティリオンがタイウィンを殺したと知り、ジオー総帥(ジョラーパパ)も亡くなったことを知った
●奴隷商人に捕まったティリオンたち。女王(デナーリス)が闘技場を再開すると聞いて機転を利かしたので命は助かる
●ウォーター・ガーデンに入り込んだジェイミーとブロンはミアセラと再会
●だがそこにオベリンの娘たちが襲ってきて戦いになる
●そこに兵士たちが現れて争いは止められる

第7話『贈り物』

奴隷として買われ闘技会に出ることになったジョラーは、闘技場にデナーリスが来ていることに気づき、他の闘士たちを圧倒。謀反者との再会に気分を害したデナーリスの前に、“贈り物”としてティリオンが差し出される。リトルフィンガーは、ともにジョフリーを殺害した盟友オレナへの“贈り物”として、かつてサーセイと関係を持ったランセルをハイ・スパローの元へ送り、秘密を暴露する用意があることを告げる。

●ラムジーに酷い扱いを受けるサンサはシオンに助けを求める
●シオンは壊れた塔に助けを求めるロウソクを灯しに行くのかと思いきやラムジーに報告
●ハイ・スパローを上手く操っているつもりのサーセイだったが、ランセルとの不貞がバレて投獄される

【壁の方】
●ジョン・スノウはトアマンドと共に堅牢な家へと向かうことになる
●メイスターのエイモン死去。火葬される
●雪と寒さで足止めを食らうスタニス軍
●ナイツ・ウォッチに襲われそうになったジリを助けるサム。その晩ジリとサムは男女の関係に

【海の向こう】
●ヒズダールとの結婚が決まっているデナーリスだが相変わらずナハリスとチュッチュしてる
●ドーラン大公の計らいでミアセラと話をするジェイミーだがミアセラは結婚予定のトリスタンを愛してるから帰らないと言う
●奴隷商人に買われたジョラーは闘技会に出ることに
●見に来ていたデナーリスに気付いたジョラーはデナーリスに近づくが、デナーリスは追い払えと言う
●ジョラーは贈り物があると言ってティリオンを出した


スポンサーリンク

第8話『堅牢な家(ハードホーム)』

ジョラーとティリオンは、ミーリーンの大ピラミッドでデナーリスに謁見する。サンサがウィンターフェルから逃げたがっていることをラムジーに密告したシオンは、サンサに責められるなかでブランとリコンを殺していないと告白する。一方、“堅牢な家”に到着したジョンとトアマンドは野人たちを集め、ホワイト・ウォーカーが襲ってくる前に“壁”の南に避難するよう伝えるが…。

●依然投獄されているサーセイはクァイバーンにケヴァンが王の手になって小評議会を仕切っていることを聞く
●サンサはシオンからブランとリコンは死んでいないと聞かされる

【壁の方】
●堅牢な家に着いたジョン・スノウたち
●話を聞かないガイコツ公を殴り殺したトアマンド
●ジョン・スノウとトアマンドは野人たちの説得を始める
●応じてくれた者たちを船に乗せていると、ホワイト・ウォーカーの大群が押し寄せて来る
●ジョン・スノウはホワイト・ウォーカーと戦い、ジョン・スノウの剣(ジオー総帥にもらったやつ)はホワイト・ウォーカーを殺せるとわかる
●あまりに大量のホワイト・ウォーカーに対応しきれず急いで船で逃げ出すジョン・スノウたち
●ホワイト・ウォーカーの司令官みたいなトキトキ頭が両手を挙げると殺された野人たちの目が青く光り起き上がり始める
●それを見て愕然とするジョン・スノウ

【海の向こう】
●デナーリスと掛け合うティリオンは相談役で置いてもらえることになるが、ジョラーは再び追放されてしまった

第9話『竜の舞踏』

死者たちの猛攻から逃れたジョン・スノウと野人たちは“壁”に到着する。サンスピア宮では、ドーランがジェイミーを迎え、反対するエラリアをよそにミアセラを王都に帰すことに同意。貝の商人に扮していたアリアは“鉄の銀行”に訪れたメイス・タイレルを護衛中のマリン・トラントを発見する。劣勢を強いられているスタニスは、メリサンドルの助言に従うことに…。

●スタニス軍の野営地に侵入者が現れ(ラムジーが送った精鋭部隊)火事を起こして食糧や馬などが一気に減る
●雪でウィンターフェルに進軍できず、黒の城に戻る分の食糧もなく困り果てるスタニス軍
●スタニスはダヴォスに黒の城に戻ってジョン・スノウに人員と食料を送るよう伝えろと言った
●神の望みだと、王の血が必要だからという理由でシリーン(スタニスの娘)が火あぶりにされる

【壁の方】
●何とか戻って来たジョン・スノウたち

【海の向こう】
●ドーラン大公はミアセラとジェイミーを王都に帰すと言うが、ミアセラと愛し合っている息子のトリスタンも一緒に連れて行ってくれと言った
●アリアは港でメイス・タイレルに付き添うマーリン・トラントを見つける
●大闘技会が開かれ観戦するデナーリス
●再びジョラーが試合に登場。試合はジョラーが勝利するが、ハーピーの息子たちが暴れ出す。デナーリスが奴らに襲われそれを助けたジョラー
●ハーピーの息子たちに囲まれてしまうデナーリスたち。絶体絶命の状況のなかドロゴン登場
●デナーリスはドロゴンに乗って飛び去った

第10話『慈母の慈悲』

スタニスがウィンターフェル城の攻撃を開始し、サンサはラムジーが戦に出た隙に脱走を試みる。ブレーヴォスではマリンに対する復讐を誓ったアリアが彼を追い娼館に潜入する。ダーリオとジョラーはドラゴンとともに去ったデナーリスを探しに北へ向かうことに。独房生活が耐えられなくなったサーセイはついにハイ・スパローに対し罪を告白するが…。

●シリーンが生贄になったお陰かは分からないけれど雪解けが始まる
●スタニスは進軍すると言うが半分の兵が脱走してしまったと言われる
●スタニスの妻セリースが首つり自殺し、メリサンドルは逃亡
●進軍するスタニス軍を見つけたポッドはブライエニーに報告
●サンサのSOSの灯と入れ違いになってしまう
●ボルトン軍とスタニス軍の戦いが始まる
●戦いでヨレヨレになったスタニスの前にブライエニーがやって来る
●ブライエニーはスタニス本人から血の魔術でレンリーを殺したと聞きスタニスにトドメを刺した
●戦いの混乱の隙に逃げ出そうとするサンサだがミランダとシオンに行く手を塞がれる
●だがシオンはミランダと突き落として殺し、サンサと共に逃げることに
●サーセイはハイ・スパローに罪を告白。ランセルとの不義は認めるがジェイミーとのことは認めなかった
●贖罪としてサーセイは髪を短く切られ、裸で町を歩かされた
●市民たちに物を投げられ罵倒されるサーセイは裸で泣きながら城へ戻った
●裸のサーセイはクァイバーンに布で包まれ、王の楯として改造人間マウンテンを紹介される

【壁の方】
●サムはメイスターになりたいから自分とジリをオールドタウンの知識の城へ行かせてくれとジョン・スノウに言う
●ジョン・スノウは了承し、サムたちは旅立った
●黒の城に戻って来たダヴォスはジョン・スノウに協力を依頼するが、そこにメリサンドルも帰って来る
●オリーがジョン・スノウの叔父(ネッドの弟:ベンジェン・スターク)を知ると言う野人がいると言って呼びに来る
●ソーンや他のナイツ・ウォッチたちが集まる場所に向かったジョン・スノウだがそこには”反逆者”と書かれたプレートが…
●ジョン・スノウはソーンやナイツ・ウォッチたちに刺され、幼いオリーにも刺され死亡

【海の向こう】
●姿を変えマーリンの前へとやってきたアリアはナイフでマーリンの目を潰し、刺し、喉を切って復讐を果たす
●顔を”借りた”少女のお面を返しに来たアリアだがそこで誤った命を奪ったとジャクェンに言われる
●「顔を使えるのは”誰でもない者”だけだ」と言われるとアリアは目が見えなくなってしまった
●エラリアからキスをされドーンを旅立つミアセラたち
●ミアセラは父親がジェイミーだと気づいていた。ジェイミーが父親で嬉しいと言われ喜ぶジェイミーだがその時ミアセラが鼻血を出して倒れてしまう
●実はエラリアに毒キスをされていたミアセラは死亡
●ジョラーとナハリスはドロゴンに乗って飛び去ったデナーリスを探しに行くことに
●ティリオンはグレイ・ワーム、ミッサンディと共に女王が留守の間統治をすることに
●ヴァリスもミーリーンに到着
●傷を負い疲れ果てたドロゴンはミーリーンに戻ろうとせず、デナーリスは1人荒野をさまよう。その時現れたドスラク人の集団に囲まれてしまう

ボブ江の感想

怒涛の展開を見せている第5章ですが、終わり方もすごいですね~。
とりあえずシリーンはかわいそ過ぎる。メリサンドルのせいなのにあのビッチはそそくさと黒の城に戻って行きましたね~。何も知らないダヴォスさんがこの事実を知ったら発狂ものですよね!
そしてサーセイは自業自得なので、どんなにひどい目に遭ったとしても全く同情は致しません!でも娘のミアセラはかわいそうだな。政略結婚で送り込まれたけど本当に愛する人に出会えてこれから幸せになりますって時に…これも元をたどればサーセイのせいですもんね。
堅牢な家でのホワイト・ウォーカーの襲撃はすご過ぎました!あんな大群こられたら太刀打ちできるわけがない。準備もしてなかったわけだし…。あのトキトキ頭の能力はすごいですね。野人達をホワイト・ウォーカーにしてしまい更に軍隊を大きくしましたね…。今後どのように戦えばいいんでしょう…。でもでもでもその前に~!ジョン・スノウ刺される~!これはヒドイ…。いや、オリーの気持ちも分からなくもないですがね、でも今はそんなことを言ってる場合じゃない緊急事態なのに…ソーンも堅牢な家に一緒に行ってればジョン・スノウを殺そうとしなかったと思うんですよね~。
サンサはいつも悲惨な状況に追い込まれてるけど何とかシオンと逃げ出しました。逃げ切れるといいですね!
海を渡ったアリアはマーリンに復讐できたけど、このことで視力を奪われてしまいました。この何者でもないってのは一体何の修行なのかイマイチ分からないですが…
最後にデナーリスと運命が交差したティリオンたち。だけど反乱者により危険な状況を迎えてしまいましたね。ドロゴンが飛んできたのはかっこよかったけどミーリーンに帰ろうとしないと言うwwその結果デナーリスがドスラク人に捕まってしまったようですが…元カールの妻だから何とかなりそうですけどね!

今日の一枚
gameofthrones5-2-1

gameofthrones5-2-2
GAME OF THRONES season5 ep6-10

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - ゲーム・オブ・スローンズ 第5章:竜との舞踏

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部



Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事