ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

シカゴ・ファイア シーズン4 第9話『帰るべき場所』

   

 (8)

シカゴ・ファイア シーズン4のあらすじ
一時は分裂に危機にあった51分署だが家族のような絆を取り戻していた。
しかしケイシーは元消防士で現在はストリップクラブを開いているジャックに関わり危険な目に…
そしてガブリエラは自らの体の変化に気付き…
51分署の仲間たちの絆と恋模様、そして危険な現場に迫るシーズン4!
主な登場人物はコチラ

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。
こちらは簡易版にてお届けします

第9話『帰るべき場所』

●家を担保に入れボーデンを保釈させたドナ
●51分署の大隊長にはパターソンが就くことに
●自動車事故が発生。けが人はおらず車の飛び散った破片を片付けるのが仕事となるが野次馬の男がガブリエラに暴言を吐きガブリエラが激怒した
●パターソンからフレディを署に入れるなと言われたクルース。それをフレディに伝えると行き場のないフレディは怒る
●それを見ていたハーマンとオーチスがモリーズに人手がいると言ってアルバイトに誘った
●フレディは嬉しそうに「いいの?」と言った
●子供たちが楽しみにしているオーナメント作りも署でやるなとコニーに言うパターソン
●マウチたちはいい考えがあるとコニーに言った
●事故現場で挑発してきた野次馬に言い返したガブリエラだが、それを撮られていてニュースで流れてしまった
●スージーも来て彼女も言われのない訴えを受けているらしく”何かがおかしい”と言っている。ガブリエラはマドックスが背後にいるのではとケイシーたちに話す
●シカゴPDの特捜班がセリーナを捜してくれることになった
●ジェイミーが51分署のケリーを訪ねる。マドックスの情報は洩らせないがカーライル湖周辺のホテルを調べるといいわとヒントをくれた
●連絡を受けた特捜班のアダムとアトウォーターがカーライル湖にあるホテルへ向かうとセリーナを発見
●セリーナがマドックスと繋がっていることも調べがついた
●アントニオはセリーナに取引を条件にボーデンをハメたと白状するように言った
●取り調べ室にはボーデンもやって来る。セリーナはハメたことを認めた
●その後セリーナは起訴を恐れボーデンをハメたことや、マドックスのことなど色々と話したとのこと
●隠れて仮眠室でやっていたオーナメント作りだがパターソンにバレてしまった。だがケイシーは謝る必要はないと言ってパターソンに立ち向かう
●話をしようとするパターソンだがその時トラック事故の通報が入る
●処理をしようとするパターソン。そこにトラックの運転手が来て「温度が上がると爆発する。液体水素を積んでる。この一帯が吹き飛ぶ量だ。」と言った
●荷台の鍵を開け中を確認。バルブが壊れて辺りに煙が広がっていた。運転手は「あと数分だ。音が止まったらドカンだ!」と言った
●ケリーとケイシーは液体水素のタンクを近くの川に運ぶためボルトを外す。パターソンは近くにあるトラックを盗みそれをトラックに近づけた
●タンクを積み込んだトラックは大急ぎで川へと向かう。トラックはクルースが運転し、後ろにはケリー、ケイシー、パターソンが乗り込んでいる。
●川が近づいて来た頃タンクの音もおかしくなってきていた。後部の3人はトラックから飛び降り、続いてクルースも飛び降りた
●まもなくタンクはトラックごと爆発。だがけが人を出すこともなくうまく行ったことに大喜びするケイシーたち
●駆けつけたマスコミのインタビューを受けるパターソン。だが隊員たちやボーデン大隊長を称えるコメントをし51分署のメンバーは拍手を送った
●アントニオはマドックスに証拠を突きつけ自白を引き出した
●パターソンは51分署はボーデンの署であるとリドルに言い、自身は他の署に異動することに
●チャリティーだと思い一生懸命手伝っていたオーナメント作り。しかしコニーはネットで1個12ドルで売る物だと言った
●ハーマンにからかわれたフレディはハーマンの脇腹を刺してしまい逃亡


スポンサーリンク

ボブ江の感想

大隊長は冤罪が証明され51分署に復帰、パターソンも大隊長に昇進し他の署に異動、リドルも第6地区(空港の辺だとか?)に左遷、ケリーは51分署の救助隊小隊長に復帰!で全て丸く収まって良かった~♡って思ってた矢先に…。
フレディ…。やっぱりギャングなんだな…。ハーマンを刺すとは…。大丈夫かしら(;´・ω・)
あんなんで怒るとかプライド高過ぎやしないか?
あー。コニーの件で笑ったし、みんなが頑張った結果が出て幸せモードだったのに…。心配ですね!
ファイアの次回第10話はシカゴシリーズ3作クロスオーバーとなり1/2(火)21:00~です。1/4の放送はお休みとなります。

今日の一枚
chicagofire4-9-1

chicagofire4-9-2

Chicago Fire season4 ep9

海外ドラマ観るならHuluで「今なら2週間無料でお試し」

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - シカゴ・ファイア シーズン4

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. miwa☆ より:

    はじめまして。いつもブログを楽しく見させていただいております。

    ねこさんのご質問の件ですが
    私は米国で発売されているS4のDVDを持っているのですが
    それには英語字幕がついているのですが、それによりますと
    「He’s plea-ing.」(嘆願している)
    となっています。

    それでは、みなさま良いお年を!

    • ボブ江 ボブ江 より:

      miwa☆さん
      コメントありがとうございます!

      いつもブログも読んでくださってるとのことでありがとうございます♡
      そして…おぉ♡解説ありがとうございます!

      嘆願している…と言う意味合いなのですね。勉強になりましたありがとうございます♪
      ねこさんもきっと謎が解けたと思うのですが…いかがでしょうか?w

      miwa☆さんも良いお年を~♡

  2. ねこ より:

    最後の方でボーデンとケイシーの会話で、ケイシー「どうだった?」 ボーデン「(犯人が)自白した」 と言うところがあるのですが、ボーデンの方の英語が聞き取れなくて、「he’s preen」と聴こえるのですが、preennでは意味があってないように思うのですが、実際はなんと言っているのでしょうか?

    • ボブ江 ボブ江 より:

      ねこさん
      コメントありがとうございます!

      えっと…私英会話は全く分からないので…(;´・ω・)

      どなたか~英語堪能な沙羅樹先生~しっぽさん~
      分かる方いたら解説プリーズです!

      • 沙羅樹 より:

        ねこさん、かなり英語の得意な方だと思うので、私が口出しするのもおこがましいのですが、preenと聞こえるとおっしゃっていたところはpleaだと思います。もともとは「弁解」とか「抗弁」という意味です。私は帰国子女ではないので、自信は全然ないのですが、pleaは裁判などの場面で、よく聞く言葉です。
        He’s(has) plead. でいいんじゃないかなと…。そもそもボーデン大隊長の話し方ってボソボソしていて、分かりにくいんですよね(言い訳)。コット検事補との話でもセリーナが見つかって、自供をしたということで、make Madox plea (マドックスの自白を引き出す)って言っていたと思います。帰国子女の方、いらっしゃったら正解をお願いいたします。

        ついでに、
        フレディはプライドが高いのではなく、『リデンプション』で、スコティーが ”I have an anger issue.” と言っていたように「怒り」をコントロールできないのだと思います。育ちが悪さが影響して人との付き合い方を学んでこなかったのか、元々、社会病質的性格であるかのどちらかであると思います。「チビ」とか「デブ」というのは確かに侮辱とか差別用語かもしれませんが、状況にもよるし、ちょっとした悪口を言い合うのは明らかに消防士の間のコミュニケーションの一つの手段でしょう。

        • ボブ江 ボブ江 より:

          沙羅樹さん
          コメントありがとうございます!

          先生、補足いただいてありがとうございます!
          miwa☆さんも解説してくださったのですがpleaでオッケーみたいですね♪
          英語を聞き取ろうとして聞いていないため(笑)ボーデンさんがそもそもぼそぼそ言ってることにすら気づいていないボブ江でごめんなさい(/ω\)

          フレディ…そうか。怒りのコントロールができないのか…。
          ギャングになる子ってのは周りの影響が大きいですよね。周りもみんなギャングです的な。
          クルースに寄って来る辺り愛情に飢えているのかなと思って見てたのですがせっかくの厚意をとんでもない方法で返してしまいましたね(;´・ω・)
          まぁ、でもハーマンも侮辱されるのが嫌いだと言っていた子にずけずけと言ってはいけなかったかもですね。もうちょっと時間をかけて仲良くなってからからかう方が良かったのかも。
          ハーマン師匠が無事であることを切に願います!

  3. みき より:

    はじめまして。ブログを拝見させていただいております。

    今回はパターソンの活躍が、とても好印象でした。
    これまでリドルの犬と思ってたけど、最後は晴れ晴れとした顔で51分署のみんなとモリーズにいて、嬉しかったです。

    あと、前回の「ニンジャちがいか!」は、わたしも笑ってしまいました。ミュータントタートルズ観てました(笑)

    • ボブ江 ボブ江 より:

      みきさん
      コメントありがとうございます!

      はじめまして♪
      パターソンさん、ようやく目覚めてくれましたね~。何が大切なのか51分署の面々に教えられてと言う感じでしょうか。
      51分署からはいなくなりますが、大切なものが何か分かった以上立派な大隊長になってくれるでしょうね♪

      あ、同志発見♡ですよね、もうジミーがツッコミ入れる前にタートルズかよと思ったらジミーが的確なツッコミ入れてくれたんで面白かったです。
      良かった♡同じ人がいて♡

Message

(承認前コメントはこちらでご確認いただけます)

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

chicagofire4-4-2
シカゴ・ファイア シーズン4 第4話『いい日はきっと来る』

シカゴ・ファイア シーズン4のあらすじ 一時は分裂に危機にあった51分署だが家族 …

chicagofire4-2-2
シカゴ・ファイア シーズン4 第2話『陰謀の終局』

シカゴ・ファイア シーズン4のあらすじ 一時は分裂に危機にあった51分署だが家族 …

chicagofire4-15-2
シカゴ・ファイア シーズン4 第15話『表と裏』

シカゴ・ファイア シーズン4のあらすじ 一時は分裂に危機にあった51分署だが家族 …

chicagofire4-12-2
シカゴ・ファイア シーズン4 第12話『信じる心』

シカゴ・ファイア シーズン4のあらすじ 一時は分裂に危機にあった51分署だが家族 …

chicagofire4-6-2
シカゴ・ファイア シーズン4 第6話『動き出した歯車』

シカゴ・ファイア シーズン4のあらすじ 一時は分裂に危機にあった51分署だが家族 …

  こんな記事も読まれています