ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

ブラックリスト シーズン3 第22話『アレグザンダー・カーク(前編)」』

   

 (2)

ブラックリスト シーズン3のあらすじ
政府要人の殺人容疑で追われる立場になったリズとレッド。それを追うのは仲間であったレスラーたち。執拗な彼らの目を掻い潜りリズ達はどのように逃走を図るのか。そして結社の企みをどのように暴いていくのか!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

昨日の敵は今日の味方

レッドはトムに結婚式を襲撃させたのはアレグザンダー・カークと言う男だと話した。トムはスコティーのことを話すがレッドは「彼女は雇われただけだ。私がカタをつけるまで君はアグネスをしっかり守れ」と言うがトムは自分も手伝うと言って聞かなかった。
レッドはクーパーたちに情報を伝える。「アレグザンダー・カーク。これは偽名だ。彼はソビエト連邦の崩壊後に鉱山を安く手に入れ財を成した。だが2002年にクレムリンと関係が悪化。それでも政治家への資金提供が効いて今でも生き延びている。エリザベスの死を招いたのはこの男だ。彼を見つけ出す為に我々はハーグレイヴと組む。カークを追うにはぜひとも彼女の力が要る」と言った。
そしてレッドはスコティーに話をしに行く。スコティーは「彼の財産を狙う。選挙への献金が無制限になったからディアス議員に大金を。カークの息がかかった大統領が生まれるかも。」と話す。レッドは「ディアスの金を盗めば奴は出て来る。次期大統領から盗むとは…楽しそうだ」と言った。

第1の作戦

トムがアグネスの所へ行くとそこにはスコティーがいてアグネスを抱っこしていた。スコティーは「手を組んであなたの妻を奪った男を捜す。裁きを受けさせるために私は全力を尽くすわ」と言う。アグネスを受けとったトムは「俺のすべてだ」と言う。スコティーは「私の子もそうやって見上げてたわ。」と言いかつて自分は子供をなくしたことがあると話をした。そしてソロモンが迎えにくる、忙しくなるわよと言って去って行った。その言葉通りヘリでソロモンが迎えに来る。ヘリは山奥にある個人所有の戦術訓練センターへとやって来る。ソロモンに連れられて奥へ進むとそこにはクーパーたちFBIのチームも来ていた。レスラーはソロモンを見てやっぱりできないと言い、ナヴァービもローワンをみて突っかかろうとする。だがみんなリズのために我慢して手を組むことにする。そしてスコティーが作戦の説明を始める。「カークの注意を引くためディアス議員の選挙資金を盗む。ディアスはこの資金が無ければ選挙には勝てないわ。」と言った。続けてローワンが「カークが出資する団体は3億ドル以上を投じてテレビCM枠を買いまくる予定。広告料を送金する銀行は一つのみでマンハッタンのキー・アトランティック銀行。サーバールームの端末を操作して金を盗む。2分あれば銀行を制圧できるわ」と言った。それを聞いてトムは「さすがだ。強盗はおとりで警察とFBIを来させる。現場検証中に君らがアクセスを」とレスラーたちに言うとレスラーは「強盗の捜査と思わせて我々が強盗を?お断りだ。」と言った。スコティーは「あなた方は自ら証明したの。場合によってはモラルを捨てられるとね。エリザベスを殺した男を捜す今こそ”そういう場合”では?これは復讐なのよ」と言った。

偽装銀行強盗

トム、ソロモン、ローワンの3人はキー・アトランティック銀行に強盗を装って侵入する。作戦通りに仕事を進めるトムたち。だがそこに親が車に書類を取りに行っている間に一人待っていた少女がいた。トムはその女の子に気をとられていると現場に居合わせた警官が銃を抜きトムに向けた。「市警だ。銃を下ろせ」と言う警官。トムはやめろと言うが警官の背後にいたソロモンが警官の腕を撃ってしまう。トムはすぐに警官に駆け寄り「大丈夫。命は助かる」と言うが流れ弾が少女に当たっていた。少女は腹から血を流している。時間も迫り、ローワンがお目当ての物を取って来たので撤収しようとするがトムは少女を助けるため連れ出して指令室と連絡を取りながら救急車の場所へと向かった。危険な賭けだったが少女を無事に救急隊員に引き渡し、逃走車両の爆破も行ってミッションは成功した。
その後レスラーとナヴァービが銀行に到着。レスラーが支店長の案内で金庫室へ行っている時にナヴァービがアラムの指示を受けながらサーバールームへと向かった。そして言われた通りに操作を行うがパスワードを入力しなくてはいけなく行き詰る。その時スコティー側のIT担当デュモントがあっという間に個人情報からパスワードを割り出した。驚くアラムにデュモントは「できる裏方の実力さ」と言った。アラムは「このパスワードを入れれば金を動かせる」と言うが更に網膜スキャンが必要だと判明する。これにはデュモントも「鍵は2つ必要だった。そそるね」と言った。

スポンサーリンク

変幻自在のトム

2つ目の鍵であるピーター・プルイットの網膜をゲットするため作戦会議を行う。だがプルイットはベルリンのトルコ大使館にいるらしい。G8の出席者を招いたパーティーに出ているのだが、そのせいで警備もいつもより厳しくなっている。どうするか頭を悩ましているとトムが「ユージーン・パブレンコ。」と言った。スコティーは「知らないわ」と言う。トムは「俺だよ。パブレンコはトルコで指名手配中だからインターポールにみつかれば仮逮捕される。ドイツで逮捕されれば俺の身柄はトルコ大使館へ。」と言った。だけどスキャナーは持ち込めないと言われるがトムは「必要ない。彼を連れ出す」と言った。
その言葉通りトムはパブレンコになって見事トルコ大使館へと入り込む。そしてITチームと連携を取りながら尋問官を気絶させウェイターのフリをしてパーティーへと入り込む。トムはプルイットに近づき隙を見て薬を仕込んだタバコにすり替える。だがその時問題が発生。目を覚ました尋問官たちがトムを捜し始めてしまった。その連絡を受けているトムだがやっとプルイットの具合が悪くなった。ローワンとソロモンは救急隊の格好をして救急車で駆けつける。そしてプルイットを乗せた。追いかけて来る尋問官。トムも救急隊に成り済ましその場から去って行った。

雑学王アラム

救急車の中でプルイットの網膜スキャンを行うがなぜか承認されない。デュモントはアラムに連絡しこのことを伝える。トムたちも警察にバレ追われる身となりあまり時間がなかった。アラムはトムと通信がつながり「彼に薬を盛った?オピオイド系は瞳孔を収縮させるから…」と言う。つまり瞳孔が小さくなっているために同一人物と認識されない。トロピカミドと言う薬を使い瞳孔を開かせればスキャンできるようになるのではとアラムは言った。ソロモンとトムは薬局に侵入しトロピカミドを入手した。そして店から出ようとした時「こうなったのはお前が…」とソロモンが言い出した。トムは「お前が俺の結婚式を襲ったからだ」と言う。「そうだな。だが彼女は今幸せな場所にいる」とソロモンが言うとトムはソロモンの腹に一発撃ち込んだ。「妻の分だ」と言ってソロモンを置いてトムとローワンは再び逃亡を始める。
その頃クーパーがアラムの所へやって来てキーンに繋げと言う。そしてトムに「銀行がプルイットの拉致を知った。口座凍結のため頭取が銀行に向かってる。急げ、時間がない。」と教えた。トムはプルイットにトロピカミドを注入。再び網膜スキャンを始める。今度は成功しシステムに入り込んで送金を始める。だが頭取もすでに銀行に到着し操作を始めていた。どちらが早いか…緊迫した時間が流れる。みんなが祈る中送金が完了。歓喜に沸いた。スコティーはレッドに電話をし「レディントン、出番よ」と言った。

出てこないのなら…

スコティーはレッドと共にディアス議員の所へ行く。レッドは「私が君から金を奪った理由は君の主義とは関係がない。アレグザンダー・カークに電話しろ。彼は大きな後ろ盾だ。短縮番号があるだろ」と言って電話をかけさせた。カークが出るとレッドは「金はもらった。議員もだ。」と言う。カークはすぐに誰からかわかったようで「思い出すよ。レイモンド。水辺のあの家…君の口に銃を突っ込んだ。私の金や議員を押さえても私は押さえられん。」と言って電話を切った。レッドはディアスに「明朝記者会見を開いて一時的に選挙戦から離脱すると発表しろ。そして富豪のアレグザンダー・カークを君が委員長を務める委員会で証人喚問すると言え。」と言った。そんなこと…と言うディアスにスコティーは「あなたにとっても得な話しなのよ。あなたの違法な資金をレディントンが洗浄してくれる」と言った。

突然知る事実

作戦が終わりトムはアグネスの洗礼式へとやって来た。そこにはクーパーたちが待っていた。トムはみんなが家族だと感謝の気持ちを伝え代父母になってほしいと頼んだ。みんなが笑顔で洗礼式を行い。幸せなムードに包まれるがトムはその後スコティーを殺そうと彼女の家へ向かった。家に入って行くとレッドから電話がかかってくる。「やめろ」と言うレッド。トムは「カークの金は奪ったし彼女は用済みだ」と言った。「彼女を殺せば君が求めている答えは彼女と共に死ぬ」と言われトムは「どういう意味だ?」と言う。だがすぐにその意味がわかった。スコティーと息子が一緒に写っている写真を見てトムは「俺の母親?」と聞いた。レッドは「そうだ。だから君を外したかった。そんなことを探りだしたら赤ん坊に危険が及ぶ。」と言う。突然教えられた母親の存在にトムは動揺するが、自分の名前がクリストファーであることも知った。レッドは「スコティーは息子が死んだと思っている。スーザン・ハーグレイヴには多くの秘密がある。いくつかは君のことだ。答えが欲しいなら自分の正体は明かすな。」と言った。トムはスコティーと少し話をした後「娘のためだから」とスコティーを殺すのをやめた。

ボブ江の感想

あら、やだ。スコティーはトムのママンなんですね~?若いママンだな~。レッドはスコティーはトムが息子だと知らないと言っていたけど、最初から観返すと知ってるような感じですよね。普通なら感動の再会だけど、状況が複雑すぎて喜べない感じになっちゃいましたよね。この二人今後どうなるんでしょう?てかトムのお父さんはハワードになるんでしょうか。それとももしかしてカークが父親でリズの父親もそうだったら2人は兄妹ってことに…だからレッドは頑なにリズからトムを離そうとしてたとか…いやそれなら最初からリズの夫役を頼まないか(笑)
そして今回は打倒カークのためスコティーチームと手を組んでミッションを行いました。ブラックリストってたまにオーシャンズっぽくなりますよね~。結構好きですwwあれやこれやとやったけれど結局カークを引きずり出すことはできませんでしたね。次回ディアスの会見で引きずり出すことができるでしょか!
それからトムがソロモンさんに一発撃ち込んで復讐をしたけど、ソロモンさん姿を消してましたね。カーク側についたりして、いらぬ情報とか流さないといいんですけど…その辺でのたれ死んでてくれてもいいですけどね(´・ω・`)
次回はいよいよシーズンフィナーレです~!悲しいけれども、アレグザンダー・カークの正体が分かればかなりの疑問が解決するはず!楽しみですね!

今日の一枚
blacklist3-22-1

blacklist3-22-2
BLACKLIST season3 ep22

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - ブラックリスト シーズン3

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. おじいちゃん より:

    ボブ江さん、なぜ今回のイラストわたくしを書くんですか。キャー、恥ずかしい!!///

    いよいよ次回でシーズン3最後かぁ、、。

    カークは過去にレッドの口に銃突き付けるまでのゴタゴタがあった間柄なんですね。
    最終話ではいくつかの伏線や疑問が解決すること願います!

    個人的にはレッドがリズパパであることと、リズが生きていること願っておりまふ。

    • ボブ江 ボブ江 より:

      おじいちゃんさん
      コメントありがとうございます!
      お疲れさまです~(‘◇’)ゞ

      (´・д・`)やだ、わたくしめ無意識のうちにおじいちゃんさんの似顔絵を書いてました?
      ってどんだけエスパーですの(笑)
      おじいちゃんさんはあんなにきりっとしてみえるんですか。LINEスタンプにも似た感じありますよね(笑)あれもおじいちゃんさんがモデルだと…(笑)
      すごいな~。てか笑わせていただきましたwwありがとうございます!

      いよいよ今夜はシーズン3最終話ですね。どこまで掘り下げてもらえるのか…。
      いいとこまでやってシーズン4へ!とかだったらパソコン投げてもよろしいでしょうか?
      せめてカークさんがリズのパパンかどうかだけでもわかるといいなぁ…(´・ω・`)

Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

blacklist3-6-2
ブラックリスト シーズン3 第6話『クリスピン・クランドル卿』

ブラックリスト シーズン3のあらすじ 政府要人の殺人容疑で追われる立場になったリ …

blacklist3-5-2
ブラックリスト シーズン3 第5話『アリオク・ケイン』

ブラックリスト シーズン3のあらすじ 政府要人の殺人容疑で追われる立場になったリ …

blacklist3-10-2
ブラックリスト シーズン3 第10話『局長(後編)』

ブラックリスト シーズン3のあらすじ 政府要人の殺人容疑で追われる立場になったリ …

blacklist3-12-2
ブラックリスト シーズン3 第12話『フェーメ団』

ブラックリスト シーズン3のあらすじ 政府要人の殺人容疑で追われる立場になったリ …

blacklist3-9-2
ブラックリスト シーズン3 第9話『局長(前編)』

ブラックリスト シーズン3のあらすじ 政府要人の殺人容疑で追われる立場になったリ …