ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

ARROWアロー シーズン4 第13話『父親の罪』

   

 (0)

ARROWアロー シーズン4のあらすじ
街を離れ愛するフェリシティと平穏に暮らしていたアローことオリバー・クイーン。
だが街は再び凶悪な者たちが暴れ出し、戦っていたテアやローレルは強大な敵を前にオリバーに助けを求めてくる。
オリバーは新しいスーツを身に纏いグリーンアローとして再び悪に立ち向かう!

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

交渉

現れたナイッサにテアを救うにはロータスという薬以外ないと言われたオリバー。だが薬を渡す代わりにマルコムを殺してと言われる。オリバーは「テアを大事に思うなら無条件で助けるはずだ。」と怒る。ナイッサは”義理の妹”であるテアを大事には思うが戦いに家族の情は必要ないと言った。オリバーはマルコムとの問題に自分やテアを巻き込むなと言うがナイッサは聞かず、条件を取り下げることはなかった。
オリバーはこのことをディグルとローレルに話す。そして「ナイッサの狙いはリーグの奪還だ。マルコムを説得できればロータスも手に入り誰も死なずに済む」と言った。マルコムが指輪を渡せばマルコムも、ナイッサも、テアも皆が命を落とさずに問題を解決できると考えるオリバーに2人も同意。ローレルはナイッサの、オリバーはマルコムの説得に向かうことにした。ナイッサはローレルの出す案に了承した。だがマルコムが納得しないだろうと言った。そしてもし戦いになればあなたたちの街は敵の血で染まる。その敵が誰であろうと。と言った。そしてマルコムはやはり難色を示した。

指輪とロータス

会話の中から「マルコムをテストする方法を見つけた」と言うオリバー。ナイッサの所へ行き「薬が本物だという証拠が欲しい」と言ってサンプルをもらってくる。そしてそのサンプルをテアに投与すると胸の傷がみるみる塞がって行った。それを見ていたマルコムは「ナイッサの要求は?」と聞いた。オリバーは「頭首の指輪と引き換えに残りの薬を渡すと」と答えた。そしてその晩ナイッサとマルコムを引き合わせることにした。
「娘の命と交換だ」と言って指輪を出すマルコム。ナイッサもロータスの瓶を持っていた。そのまますんなり交渉成立かと思ったが、やはりそうはいかなかった。マルコムは「分かるのは君が死ぬことだけだ」と言って指輪を自分の指に戻すと部下が現れる。ナイッサとマルコムたちは戦いになってしまい、オリバーたちは「2人を止めるぞ」と言って何とか割って入ろうとする。退却するナイッサたちを追いかけようとするマルコム。だがそこにオリバーたちが立ちはだかった。マルコムは怒るがここは一旦引くことを選択。その場は何とかおさまった。
オリバーが「娘の命を救うよりラーズの座を選ぶとは…」と言うとローレルは「あなたのようにみんなが変わるわけじゃない。」と言った。そしてチームは何とか誰も死なず、この問題を片付ける方法を考えようとした。

スポンサーリンク

マルコムの固い意志

街ではリーグ同士の内部抗争が勃発していた。ランスから悪化する前に何とかしてくれと言われたオリバーたち。ディグルは「終わらせるにはマルコムを殺すしかない。勝てるのはあんただけだ」とオリバーに言う。
そしてナイッサを狙うマルコムの手下により街では市民を巻き込んで戦いになってしまう。ナイッサを守りつつオリバーたちは彼女に麻酔銃を撃って気絶させ基地へと運んだ。檻に入れ、ローレルが「テアの命をえさに街を巻き込むなんてあなたらしくない。それじゃ父親と一緒よ」と説得するが、ナイッサは協力を拒否。オリバーも次の手が無く困っているとテアの所にマルコムがやって来た。オリバーはもう時間がないテアの前でマルコムに「そんな指輪ナイッサにくれてやれ!」と言うがマルコムは「数百年も密かに歴史の流れを操って来た力をあのナイッサの手に委ねることはできない!君は息子のためでも街を犠牲にしたりはしない。今の私の判断も全く同じなんだよ」と言って、あくまで指輪は渡さないという固い決意を話した。オリバーは「俺なら他の道を探す。習わしに則りナイッサに決闘を申し込め」と言う。マルコムは「彼女が死ぬことになるぞ」と言うがオリバーは「ナイッサの蒔いた種だ」と言った。

名代による決闘

オリバーたちやリーグの者たちが見守る中、ナイッサとマルコムの決闘が行われることになる。剣を出し、いざ始まると言うときオリバーが「待て!リーグの掟によればナイッサは俺の妻だ。夫として俺が代わりに戦う」と言い出した。ナイッサは「戦いを他人にまかせろと?」と怒るがオリバーに「死にたいのか?君は奴に勝てない」と諭され剣をオリバーに渡した。「ガッカリしたよ」と言うマルコム。2人の闘いは始まった。闘いは完全にオリバーが優勢だった。マルコムは剣や弓で対抗しようとするが歯が立たずオリバーの前に倒れる。「諦めて降伏しろ!」と言うオリバーだが、マルコムは「断る!私を殺せ」と言った。オリバーはマルコムの指輪のついた左手を切り落とす。そして指輪を抜くとロータスと交換。ラーズとなったナイッサにリーグの者たちはひざまずいた。

決断は新たな恨みを生む

ロータスが効きテアも回復の兆しを見せた。ホッと一安心のオリバーたちだった。
その後ナイッサに呼ばれたオリバーとローレル。ナイッサはローレルに「確かに私は父の死後もとらわれたままで頑なに昔のままの自分で居続けた。」と言いオリバーには「私のすべきことを教えてくれた」と言った。そこへマルコムもやって来る。ナイッサは指輪を外すと火の中に放り込み溶かしてしまった。マルコムは驚いた顔をする。ナイッサは「私は今日リーグを解散させた。お前を父が解放したように部下を解放した。もう誰も父にとらわれることはない」と言って去って行った。溶けた指輪を見たマルコムはオリバーに「お前は息子同然だった…お前を殺さないのはこの借りを返し死よりつらい目に遭わせるためだ!」と言い放った。そしてマルコムはダークに会い打倒オリバーの計画を…

ボブ江の感想

テアの父親、フェリシティの父親、そして父親としてのオリバーが描かれていましたけど…
全員問題アリですね(笑)
オリバーはこれしかないと考えてマルコムの手を切り落としたんだと思うけど、マルコムの性格を考えればそれはダメだと分かった気がするんですよね~。マルコムの言う通り「君は顔は良いが頭は…」みたいなかんじですよねww
マルコムはダークと組んでオリバーの別の泣き所である息子のウィリアムを狙うようですが、二人ともクソみたいな野郎だな~…(´・ω・`)そこに正義はないですね(´・ω・`)
ナイッサがリーグを解散させたのはビックリですが、リーグの暗殺者たちなんて野良にさせたらヤバイ気もしますが。これも後々影響あるんでしょうかね。
そして~。フェリシティのお父ちゃん。出て来たと思ったらあっさり捕まってましたね。てか、娘が天才だと分かっているならもうちょっと慎重に事を進めるべきでしょう。焦り過ぎて墓穴掘ったパターンですね。
こんなこともありますけど、オリバーとふぇりちゃんは幸せになって欲しいなぁ。当分無理だろうけど(;’∀’)

今日の一枚
arrow4-13-1

arrow4-13-2

ARROW season4 ep13

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - ARROWアロー シーズン4

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部



Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

arrow4-8-2
ARROWアロー シーズン4 第8話『レジェンド・オブ・イエスタデイ』

ARROWアロー シーズン4のあらすじ 街を離れ愛するフェリシティと平穏に暮らし …

arrow4-11-2
ARROWアロー シーズン4 第11話『本当の自分』

ARROWアロー シーズン4のあらすじ 街を離れ愛するフェリシティと平穏に暮らし …

arrow4-14-2
ARROWアロー シーズン4 第14話『愛と嘘』

ARROWアロー シーズン4のあらすじ 街を離れ愛するフェリシティと平穏に暮らし …

arrow4-2-2
ARROWアロー シーズン4 第2話『希望と勇気』

ARROWアロー シーズン4のあらすじ 街を離れ愛するフェリシティと平穏に暮らし …

arrow4-9-2
ARROWアロー シーズン4 第9話『宣戦布告』

ARROWアロー シーズン4のあらすじ 街を離れ愛するフェリシティと平穏に暮らし …