ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第12話『愛ゆえに』

   

 (0)

アクエリアス 刑事サム・ホディアックのあらすじ
1967年、ロサンゼルス。刑事であるサム・ホディアックは元恋人グレースから16歳の娘エマがいなくなったと連絡を受ける。捜査を進めていくとチャールズ・マンソンという男に当たる。この不思議な男は独自に”ファミリー”と呼ぶ共同体を作っていた。だがそれは後世に残る残虐な事件の始まりだった。サム・ホディアックは時代の波に飲み込まれながらもマンソンを追っていくが…

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

マンソンの怒り

マンソンのコミューンに撮影班がやって来る。”今どきの若者たち”のありのままを記録しようと考えたプロデューサーがマンソンに興味を示したのだった。プロデューサーは「映画で描きたい。ここの活動を世間に広めたい」と言いマンソンは喜んで承諾し、コミューンの女の子たちにもインタビューを受けさせ自分のことを持ち上げさせていた。
そしてマンソンはセディがエマのことについてウソをついていると見抜いていた。「エマに何をした?」と聞くがセディはとぼけるばかりで本当のことを話さない。再び聞いても答えないセディに怒ったマンソンは彼女を殴りつける。だがセディも殴られても「あなたを愛してる」「すべてあなたのためよ」などと言いエマのことをきちんと話さなかった。容赦なくセディを殴るマンソンを撮影班が隠れて撮影していた。それに気づいたマンソンはカメラを取り上げ車の窓ガラス目掛けて投げた。そして「撮影終了だ」と言って去って行った。

現れた目撃者

ルシールの店で働くダンサーのレイチェルがホディアックの所へとやって来た。ジミーが殺された後ロイとバイカー仲間のジョーカーが死体のような物を車に積んでいたのを見たと言う。「車を覚えてる。窓にカーテンがあってナンバーの最初はA5」と言った。ホディアックは「レイチェル、今はそれ以上言うな。何もできない」と答えた。そして何を見たかをまた文章で書かせて提出させた。この情報をブライアンに伝えるとちょうど調べていたホルムアルデヒドのこととレイチェルが見た葬儀車両の辻褄が合う。ホディアックは協力していたシャーメインに「灰色の霊柩車を捜せ。ナンバーにAと5が含まれる。」と指示した。その後ホディアックが帰ろうとすると署の前にレイチェルが座っていた。この件にルシールが噛んでいることが分かってるレイチェルは「仕事を休んだ私を必死に捜すはず」と怯えていた。行く当てのないレイチェルを自分の家に連れ帰ることにした。レイチェルは自分を守ってほしい為かただの不安解消か…ホディアックを誘惑する。だがホディアックはそれには乗らず、ただ彼女を腕に抱いて一緒に寝た。
だが次の日に勝手に友人たちを家に上げたりするレイチェルにちょっとウンザリしたホディアック。何とかルシールに怪しまれずにレイチェルを店に戻す方法を考え実行した。

ゲイ事件の捜査

以前ホディアックおじさんが”フケ専じゃない”と言われたり、ブライアンもゲイ・バー潜入した事件。ブライアンはそれについても捜査を続けていた。新たに殺されたクリスと映画スターのノヴォの事件に繋がりがあると感じたブライアンはホディアックに相談をし、まだまだ余罪があるのかもしれないと管轄内で起こった”被害者が必要以上の暴力を受けた強盗事件”の資料を渡した。「うちの管轄でこんなに未解決の強盗が?」とホディアックは驚いた。ブライアンは資料の中から怪しい件をピックアップ。「8月の夫婦の事件。夫の話しでは就寝中に襲われ宝石や金を全て奪われた。妻はリビングで頭蓋骨骨折で死亡。警官によれば”複雑な”下着姿。(女王様のような格好)夫は胸と腕を切られベッドに縛り付けられた。」と説明する。ホディアックが全裸で?と聞くとブライアンは靴下だけはいていたと答えた。ホディアックは間違いないなと言う顔をしてニヤリとすると「(生き残った夫に)話を聞きたい。名前は?」と言った。だがその人物は過去にホディアックと一悶着あった最高裁判事のフランク・マレーだった。「冗談だろ?本当なのか?」とホディアックは驚いた。

スポンサーリンク

犯人の情報を得る為に

警察署に一人の男性がやって来る。「電話をもらったんだ。面通しを頼みたいと…」と言う男性。促されて名前を書いているとそこにブライアンがやって来た。男性は「見た顔だな」と言いブライアンは「俺が電話した。シェイフ巡査だ」と言った。ブライアンが呼んだ男性は以前潜入したゲイ・バーのバーテンダーだった。「だまされたよ。ゲイになり切ってた」と皮肉を言うバーテンダーに「すまない。捜査のためだったんだ」とブライアンは言った。そして店の客のクリスが店で拾った誰かに殺されたと話し協力を仰いだ。
その頃署内では署長とホディアックが判事のマレーを呼び「奥さんの殺害犯の手がかりがあった」と話していた。ホディアックは「最近似た手口の事件が何件か起きてるんです。ただあなたにとっては恥に…」と言ってコーヒーを淹れて来ますと言って部屋から出て行った。そこへバーテンダーの男性に遠くからマレーの顔を確認してもらう。「店に来たことはないが…週末に近所で見かける。ゆっくり流しながら相手を探す。高級車でね。ジャガーだ。誘えば誰も断らない。車に乗るやつも見た。」と教えてくれた。ホディアックもそれを聞き、署長の部屋へ戻る。マレーに「この問題に関しては人によって考え方が違うんです。たぶん…奥さんのアイデアでしょ?奥さんの為に男を拾いあなたは見てたか、または一緒に楽しんだ。」と言うがマレーは「無礼だぞ」と怒って席を立ってしまう。そして署長やホディアックに処分を考えると言って部屋を出て行こうとするがホディアックは「すべてが明るみに出たら後悔しませんか?あなたも奥さんも名前に傷がつく。俺に協力すれば避けられる。情報源があなただとは口外しない。奥さんの殺害では裁けなくても他の件で犯人を裁ければ野放しにするよりマシでしょう。」と説得をした。するとマレー判事は「ヒスパニック系。メキシコ人かもな。年齢は20代。中肉中背。それから下腹部に盲腸の手術の傷痕があった。私がその傷を茶化したからそいつは私にも傷をつけた」と話してくれた。ブライアンはその情報を元に捜査を進めることにした。

魂を売ったホディアック

レイチェルを店に戻すことができたホディアックが帰宅するとそこには息子のウォルトと妻のオーパルがいた。記者の件がどうなったかと聞くウォルトだが上手く行かなかったと聞きホディアックを責め始めた。オーパルとホディアックは何とかウォルトを落ち着かせる。切羽詰まったホディアックは愛ゆえに越えてはならない一線を越えようとしていた。
教会へ行き祈りを捧げてからカーン家へと向かう。そしてケンに息子のウォルトのことを話し「コネを使って免責にしてくれたら政府の違法行為を記した秘密文書を渡す。急がないと新聞に出る」と言った。驚くケンは何だかんだとホディアックに文句を言うがホディアックは「取引だ。あんたの善意は当てにしない。」と言って7年前のケンが絡んだ娼婦失踪事件についてその失踪を届けた友達が何らかの事情を知っていてその人物を見つけたが話を聞かずその件を握りつぶしてもいいと言った。「息子を守るため俺は魂を売る」と言うホディアックにケンは「わかった。取引しよう。国防総省にコネがある」と応えた。
そして後日署にケンから電話がかかってくる。「国防総省と話した。交渉相手と取り次いでくれる。それが限界だ。明日相手から電話が来る。名前はチャールズ・ハルパーン。これで貸し借りなしだな」と言われた。色々上手く行かないホディアックは酒を飲む量が増加。それが元でブライアンと喧嘩になってしまった。

ホディアックもとうとう越えてはならない一線を越えてしまいましたね…息子のため仕方なかったのかもしれませんが…
ところでホディアックおじさんが署で手に持っていた岩みたいな食べ物何でしょう?ドーナツ?パン?分かる方いたら教えてほしいですw謎過ぎる…
何となくすべての状況がまとまってきたなと思ったのですが、ラストシーンでケンの元にハルがやって来て「またやってしまった…」と血まみれになってましたが、ケンは新たな尻拭いをしなければならなくなったっぽいですね…問題は尽きません。次回はシーズン最終話になりますが、どの問題が片付いていくのか…全部は無理ですよね~。
ちなみに「愛ゆえに」というタイトルを見て北斗の拳を連想する方はどれ位いらっしゃるんでしょうね。私は間違いなく聖帝サウザー殿を思い出しましたけど…(´・ω・`)

今日の一枚
aquarius1-12-1

aquarius1-12-2

AQUARIUS season1 ep12

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部



Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

aquarius1-8-2
アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第8話『病んだ街』

アクエリアス 刑事サム・ホディアックのあらすじ 1967年、ロサンゼルス。刑事で …

aquarius1-1-2
アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第1話『燃えつくせ』

アクエリアス 刑事サム・ホディアックのあらすじ 1967年、ロサンゼルス。刑事で …

aquarius1-4-2
アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第4話『君は君のままで』

アクエリアス 刑事サム・ホディアックのあらすじ 1967年、ロサンゼルス。刑事で …

aquarius1-6-2
アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第6話『青い影』

アクエリアス 刑事サム・ホディアックのあらすじ 1967年、ロサンゼルス。刑事で …

aquarius1-3-2
アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第3話『永遠にひとつ』

アクエリアス 刑事サム・ホディアックのあらすじ 1967年、ロサンゼルス。刑事で …