ボブ江の海外ドラマあらすじネタバレ情報局

人気の海外ドラマやおすすめ映画のあらすじやネタバレをボブ江が描く下手絵と共に紹介します

12モンキーズ シーズン1 第8話『スピアヘッド』

   

 (2)

12モンキーズのあらすじ

2043年。人口の99%にのぼる約70億人がウイルスの蔓延により死亡し、何とか生き延びた人間たちは地下にもぐり暮らしていた。しかし、残った人間もいつ死ぬかわからない過酷な日々の中で科学者たちがすべての始まりの2015年に1人の男をタイムトラベルさせ、未来を変えようと画策する。送り込まれたコールはウイルスをばら撒いたとされる謎の組織12モンキーズを探っていく。

ネタバレしています。まだの方はお気を付けください。

2043年

2043年ではジョーンズとラムゼが心配していた。2015年のチェチェンに向かったコールだが現状が変わっていないということはウィルス破壊は失敗したと思われた。ジョーンズはコールを2043年に帰還させようとするがコアの不安定で戻すことができなかった。電力不足によるものだが、早急に直さないとコールは時空をさまよい2043年に戻ってこられなくなると言う。

スピアヘッドへ

マシーンを動かすには重要な部品を交換しなければならなく、その部品はスピアヘッドにあると言う。ウィートリーと共に取りに向かうことになったラムゼはジョーンズからスピアヘッドの話を聞く。疫病が流行りだした頃軍の関係者や要人などはスピアヘッドという所で生活していたらしい。そこは疫病とは無縁で人々は幸せに暮らしていたがある日ウィルスの変異により次々と人が亡くなっていく。そこを取り仕切るフォスター大佐の妻が亡くなったことで大佐はスピアヘッドから離れようとする者たちを次々に射殺。クーデターとみなしたらしい。それでジョーンズは地下生活を選んだということだった。現在も軍人により管理されているスピアヘッドに向かう。
スピアヘッドに着いたラムゼたちはウィートリーからそこの護衛隊長は自分の父親だと聞かされる。中に入り、フォスターとの面会を申し出る。ラムゼたちはフォスターに事情を説明するがフォスターは協力してくれないと言う。仕方なく急場しのぎでマシーンを動かすがやはりうまくいかず、コール帰還はまたもや失敗してしまう。

生きていたコール

空爆されたチェチェンの建物だったが、その瓦礫の間でコールは目を覚ます。足を撃たれていたので一人では動くことができずにいた。キャシーはもしコールが生存していた場合ウィルスを保持しているコールと接触した者が感染者になってしまう事を懸念していた。その時点ではコールの生存は誰もが知らず、キャシーはCDCの職員として現地を調査するという名目でチェチェンに向かう事を許される。その頃コールは穴の隙間から聞こえる声に反応していた。どうやら現地の親子のようで英語が話せると言う娘と会話しながらなんとか穴から脱出をしようと試みる。しかししばらくすると話していた女性が咳をし始め、コールは異変に気が付く。


スポンサーリンク

ラムゼの過去

スピアヘッドを訪れたラムゼは思わぬ人物と再会する。事情によりお互い死んだと思っていた元カノエレナだった。ウエスト7から追われていたラムゼを避けるようにどこかへ行ってしまったエレナだが「それには事情があるの。私にも守るものがあった」と言われ5歳になる男の子を紹介される。それはラムゼの息子だった。突然の息子の出現で困惑するラムゼ。まだ父親だと名乗ってはいないが息子とふれあいそれをほほえましく見守るエレナ。幸せなひと時を過ごす。

帰ってきたジョーンズ博士

マシーンを動かすためジョーンズ博士はスピアヘッドにやってくる。確執があるフォスターとけん制しながらの会話。摩耗してしまったコア自体を欲しがるジョーンズに難色を示すフォスター。ジョーンズは火事で焼失したはずのフォスターの大切な写真を見せる。「こんなこと…ありえない…」驚くフォスターに本当に過去に戻れるということを示せたジョーンズ。「奥さんを取り戻せるのよ。亡くなった人たちも。」そう説得する。だがあくまでワクチンにこだわるフォスターは「過去は過去だ」と頑なに拒否する。

チェチェンにやって来たキャシー

コールは救助にやって来たレスキュー隊に引き上げられ何とか脱出できた。
その頃キャシーはタクシー運転手やロシア軍を買収して何とか現場にたどり着く。現場を見て笑顔になるキャシー。コールとの感動の再会…と思いきやキャシーは(多分アーロンに)電話して「コールはいないわ。ウィルスが消えたからコールも消えたのね。成功だわ!」と言う。目の前にいる筈のコールがいない…?一体どういうことかと思ったら引き上げられていたコールはその場にいた女性に「今何年なんだ?」と聞く。すると女性は「2017年よ」と答えた。コールはマシーンの不具合でどうやら2年のずれが生じてしまったようだ。2017年の世界にはすでにウイルスが蔓延していた。

マシーンの不具合でタイムラグが発生し、致命的なミスになってしまった今回の任務。またもやウィルスを消滅させることができなかったですね。そしてコアがないとコールは2043年に戻ることもできず…今後一体どうなっていくのでしょうか。

↓ 英語音声のみですが長めのプレビューです。

今日の一枚
12monkeys1-8-1

12monkeys1-8-2
 

↓1日1回応援クリック頂けたら嬉しいです
  • 海外ドラマランキング
  • 人気ドラマランキング

 - 海外ドラマ映画ランキング

 - 12モンキーズ シーズン1

スポンサーリンク

記事下広告PC用336

PC用個別記事の最下部


※記事と関連性が無いコメントはゲストブックをご活用いただけますと幸いです

Comment

  1. あれれ より:

    マシンの不具合で2年ずれたって、いつずれたんでしょう?
    呼び戻そうとして途中でコアが不安定になった時?
    爆撃の直前で呼び戻しが掛かり、命拾い
    →でも戻りきれず、また2015年に落とされた
    →と思ったらそっちにも戻りきれてなくて2017年だった
    ってことでいいのかな?

    • ボブ江 ボブ江 より:

      あれれさん
      コメントありがとうございます!
      一年近く前に観たドラマなので記憶が曖昧ですが、たしか第7話からの繋がりになっているけどいきなり飛んでた感じだった気がします。
      だからそこの間は脳内補完せぇよって感じの展開でしたよね~。
      このドラマは時系列が分かり辛い時多いですが、7・8話が一番ややこしかったと思います(´・ω・`)
      私も憶測になって申し訳ないですが、第8話の段階では最初からコールは2017年にいることになっているので、
      あれれさんのご推察通り爆発直前で2015年に戻すつもりが、コアの不安定で2017年に行ってもうたというので私も同意です。

      確証はないですが(笑)お役に立てず申し訳ないです…。

Message

※コメントは承認後に表示されます

  関連記事

12monkeys1-5-2
12モンキーズ シーズン1 第5話『ナイトルーム』

12モンキーズのあらすじ 2043年。人口の99%にのぼる約70億人がウイルスの …

12monkeys1-7-2
12モンキーズ シーズン1 第7話『トロイ作戦』

12モンキーズのあらすじ 2043年。人口の99%にのぼる約70億人がウイルスの …

12monkeys1-3-2
12モンキーズ シーズン1 第3話『逃げた男』

12モンキーズのあらすじ 2043年。人口の99%にのぼる約70億人がウイルスの …

12monkeys1-4-2
12モンキーズ シーズン1 第4話『アタリ』

12モンキーズのあらすじ 2043年。人口の99%にのぼる約70億人がウイルスの …

12monkeys1-1-2
12モンキーズ シーズン1 第1話『世界の運命を握る男』

12モンキーズのあらすじ 2043年。人口の99%にのぼる約70億人がウイルスの …